フリーランスの作り方。フリーランスになるには?

仕事をやめ、フリーランスとしての仕事が始まった。ここで、いきなり起業する場合との違いは、すでにその素地が出来上がっていたことだ。それまで培った技術やスキルがあった。要は、メインの仕事しながら副業という形で、実績を積んでいたから出来たのだ。

しばらくして、同じくスリーアイを退社した現、株式会社サンナナの佐藤圭君と友人の現アニメーターでCGアーティストの大野君とシェアリング企業デルタワークスを始める。しかし、未だに法人にはしていない。

デルタワークスは、あくまでも箱でしかない。

仕事のやり方は、私が起点となり全てプロジェクト単位で構築される。従って、固定されたメンバーは居ない。

このIT業界で、フリーで仕事をしたいなら、ある程度の柔軟性が必要だ。それぞれが自立分散して機能する。そのやり方は、星合先生の提唱されているSCBに似ている。

中心人物の求心力が無くまたは利益を確保できなければ、空中分解をおこす。

「会社」というシステムは良く出来ている。役割分担を決め、その中でそれぞれの得意分野を活かし、組織として運営する。そのために効率的な仕事ができ、それぞれの特性も生きてくる。逆に言えば、仕事すべてに精通する必要はない。

それに対して、フリーランスは、基本的に全て自己責任。全てのことに対して力がなければ、成立しない。だから、万人に向いたやり方ではないのだ。それでも、その在り方は各々の資質において可能だろう。

山に登る道は一つではない。

登る山が低かったとしても、心に余裕があれば、回り道をして、人が知らない湖や谷を見つけることができるかも知れない。

要は、登ることが目的ではない。そのプロセス、つまり道だ。もし、そのことに気づかなければ、生産性とか利益率とかそういった数字だけに意識が行ってしまい、大事な「生きること」の意味を見失ってしまう。

私の場合、それを始めたのは、失恋から立ち直るきっかけをくれた。今は亡き親友、矢野くんの言葉だ。

「こんな時は歌を作るといいんだぜ」

そこから全ては始まった。

失恋した恋人の浮気相手が彼だった事を、後日知ったとしてもだ。(これには笑ってしまったが)

「矢野、ありがとう。」


印刷