Akeebabackup管理画面

Akeebabackup管理画面

Akeebabackupをインストールするとまずテストのためにバックアップシュミレーションが実行されます。この時点ではバックアップされず、DefaultProfileが生成され設定が反映されます。

以降は基本的にワンクリックバックアップでバックアップが実行されます。

deltaworks deltaworks.info 2019.02.25 17 25 33

実際のバックアップデーター保存先は

administrator/components/com_akeeba/backup

に設定されているのがデフォルトです。

これは、変更可能です。

 41073916 1906781402678421 457464096342671360 n

41151288 1906782926011602 5020528374854975488 o

41257812 1906783412678220 1005528998786105344 o

41052030 1906787506011144 6369356020870807552 n

ワンクリックバックアップを実行するると上記ディレクトリにファイルが生成されます。このファイルが全データーとDBのデーターのパックになり、これを使ってクローンを作ることが可能になります。

 基本的にはFTPで対象となるデータをダウンロードして新たなサーバなどに展開しますが、その際にサイト上でデーターの解凍からDBの再構築までを一気に行えるスクリプトが用意されています。

 Akeeba KickstartAkeeba Kickstart

このスクリプトをサイトにアップロード。先のバックアップイメージファイルと同じディレクトリにおいてアクセスします。

その場合はウェブディレクトリーのトップディレクトに置いてください。他のフォルダー内で解凍すると、そのディレクトリ以下に再構築されます。


印刷