七工匠 7Artisans 50mm F1.8 Review for マイクロフォーサーズ

七工匠 7Artisans 50mm F1.8 Review for マイクロフォーサーズ

7Artisans 50mm F1.8 という中華レンズがあるが先に Meike 50mm F2.0 についてReviewをアップしてそれなりに褒めたわけだが、このレンズはすでに他のサイトでReviewして結構辛辣にこき下ろしてしまったレンズです。

正直誰かに差し上げてしまおうかと思ったくらいで、使い道を思いつけないある意味レアなレンズです。

それではまず解像度

  • カメラ FUJI X-E1
  • 露出条件 絞り優先
  • 画質 lightroomにて2048px幅にリサイズ

クリックして拡大していただくと概ね分かるだろうが開放からF5.6くらいまではほぼ解像していない・・F5.6でも厳しい位で、F8でなんとか一般的な解像感になるのだが・・。

とにかく拡大した後右クリックで写真をダウンロードしてパソコンなどで再度詳細を見ていただければわかるかも知れないが、周辺部だけでなく中心部も厳しい。もちろん金額や用途を考えるとそれなりであるとは言えるが、それにしてもある一定のレベルは欲しいものだ。

他の7Artisans のレンズには素晴らしい光学性能を持っているものもあるため、このレンズで中華製レンズの評価がされてしまえば不幸だとも言える。特に超広角の七工匠 7Artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye IIなどあまりに素晴らしくてマイクロフォーサーズ用とフジ用に二個買ってしまった。

 

deltaworks 5117F1.8

deltaworks 5118F2.0

deltaworks 5119F2.8

deltaworks 5120F4.0

deltaworks 5121F5.6

deltaworks 5122F8.0

deltaworks 5123F16

 
 

一般的撮影サンプル

それでは一般的な撮影のサンプルを掲示します。

deltaworks 5126

deltaworks 5127

deltaworks 5128

 

後ボケはちょっとうるさい感じがしますが、条件が合えば割と綺麗です。ただし、逆光特性はとても低いと思います。

deltaworks 5133

deltaworks 5136

deltaworks 5139

 

フレアやゴーストは派手に出ます。特に夜間の撮影ではこれでもか!というように出ますので、それを逆手に取って撮影するのであれば面白いかも知れません・・僕は必要ないけど。

それで、このレンズで撮影した写真の雰囲気・・何に似てるのかなぁと考えていて思いつきました!!

これスマホの画質じゃん!

という感じで、ミラレース一眼でスマホみたいな写真を撮影したい時にいいレンズです!♡


印刷