一般社団法人看護のココロの蓑田代表とのお話。

一般社団法人看護のココロの蓑田代表とのお話。

様々な社会問題が存在している今の日本。これまで日本で暮らす恩恵をたくさん受けてきた私達も、もっと自律的にこれら問題に取り組む必要がある時期に来ていると思います。

ただ私自身は熊本地震まではそういった社会問題に係わることを避けて来たタイプであり、何から始めればいいのか判断もできない状態でした。私の場合、ICTの知識と経験はあります。このため、そういった事をベースにできる事を探していたら様々な方たちと知り合うことができました。

その縁をベースに自分がやるべきことを言うものを選択し、現在に至っています。

今回は数年前から手伝っていた「やっちろ保健室」という活動が、認められ法人化することになり、その代表の蓑田さんを迎えて、ショートトラックラジオでの番組を作りました。

あさドン 医療現場に必要とされている活動を市民の手で行う団体「看護のココロ」代表者の蓑田さんを迎えての番組です。EP-112

お時間のある方はぜひご視聴ください。