Artist in ASO 2019 Welcome Party

Artist in ASO 2019 Welcome Party

Artist in ASO 2019の招致アーティストたちが阿蘇にやってきた。このイベントは熊本県が主催するアーティストレジデンス、世界中から選ばれたアーティストたちが阿蘇の各地域に45日間滞在し、アートを通じて阿蘇を海外にも広めてもらうという企画だ。

行政主導のアートイベントという物が少ない中、このアーティスト・イン・阿蘇はとても素晴らしい企画だと思う。

今日は阿蘇市の阿蘇振興局でのオリエンテーションの後、阿蘇の雰囲気を楽しんでもらうために、米塚近くで、BBQウェルカムパーティーが開かれた。

阿蘇の赤牛も楽しませていただき、アトラクションではVRゴーグルを使ってドローンでの空撮や体験なども行われ、アーティストの皆さんも楽しまれたことと思う。アレンジしてくれたのは下記団体。

阿蘇千年草原コンソーシアム ANECO

ちなみに、今回のアーティストの皆さんは案外謙虚だ・・ほら、この写真でもアーティストより世話人の方が目立ってるし・・・あははは、すみません。私が撮影の時に声かけなかったのが原因だけどね。


印刷  
2019/11月/29日

多様な価値観が人生の豊かさにつながっている

家内がチベット仏教絵師であり占い師でもあることから、日常的に様々な価値観の人と会う機会が多い。 そこで感じるのはその多様な価値観が人生の豊かさにつながっているという事実だ。

21 hits

2019/11月/27日

時代を経て銀杏の紅葉と石橋

この熊本県美里町にある二股橋は約190年くらい前に作られたようだが、その当時はこのような銀杏の木もなかったのだろう。時代を経て銀杏の紅葉と石橋の対比が美しい。

31 hits

2019/11月/15日

想像力がすべてを救う

ラジオリンカーンでも話したが、我々は自分自身の為だけに生きているのではない。というより私と他者を分離できると思っているのは幻想にすぎない。 我々は人間だけでなく自然や地球や宇宙ともつながっていて分離できないのだが、それをそう考えるのか自分と他者を切り離して考えるかで幸せの度合いも変わるのだと思っている。

45 hits

2019/11月/14日

I will participate as a video artist at the Jilvester Concert in Tokyo at the…

年末行われる横浜でのジルベスターコンサート。今年も参加が決まり、当日の構成の打ち合わせを先ほど熊本駅で行った。今回も演出担当の大島先生が東京から音大に講義にいらっしゃった今日、時間を作っていただいての打ち合わせ。

34 hits

2019/11月/12日

今日の満月は本当に美しい

今日の満月は本当に美しい。本来なら月明かりの景色でも撮影に行きたいが事情が許さないのでベランダから撮影した。

45 hits

2019/11月/09日

誰かとみる景色は心に残るか?

人間とは面白いもので一人で見た景色と誰かと見た景色では印象が違ったりする。その関係性が景色との関係性に影響するのだろう。 それらは記憶の中で変性し、同じ景色でも印象は違ってくる。

53 hits

2019/11月/09日

USB3.0のカードリーダの接続が勝手に切れる

USB3.0のカードリーダをつないでいるがしばらくすると電源が切れてコードを差し直さないと認識しない症状が発生していたが、回避方法が分かった。 これはWindows側で自動的に電源を切る設定があるための症状で、下記ページなどを参考に設定すると改善できると思う。 http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5731  

50 hits

2019/10月/22日

HTML5で動画配信する場合のダウンロードボタンを消したい。また、ストリーミングMP4を作りたい。

以下の記事は過去のサイトに投稿していた内容の再掲載ですが、HTML5でMP4の動画を配信する場合、ブラウザのChromeではダウンロードボタンが出てしまう問題と、動画のエンコード時にストリーミングが可能なデータを作るための説明です。

103 hits

2019/10月/21日

占い師のいう事を聞け!

昔、家内で仏画師であり占い師のユミツエワンが友人と一緒にチベット人のお坊さんに占いをしてもらった時の話。 友人は旦那と離婚しようかかどうか悩んでいて、そのお坊さんに色んな話を聞いてもらった。そこで彼女が尋ねた。

101 hits

2019/10月/14日

その昔自分でも焼き物を焼いていた時期があった。

テクノロジーとは対極にあるかもしれない陶芸という趣味。一時期、テクノロジー系の趣味から少し距離を於いていた時期、没頭していたのが陶芸だ。

97 hits