アフターコロナ

アフターコロナ

世の中ではアフターコロナと言う言葉がよくささやかれている。そしてそれによって世界が変わるようなことを言う人も多いのだが、実際は大して状況が変わるわけではない。

と言うよりも、変わるべきは人の意識であって、今更アフターコロナと言う言葉で慌てているようでは手遅れであるとも言える。

グローバリズムだったり、マルチアイデンティティーだったり事業のやり方は既に変化するべき状況にあるにもかかわらずそれをやってこなかった事業主と言うものが1番影響受けているわけだ。

すでに、新型コロナウィルスの被害が出始めた時に「これら問題を全てコロナウィルスのせいにするような風潮が広がるのはおかしい」といった内容の記事を書いた。

それは間違いなくやはりそうであって、例えば事業者のキャッシュのプール率とか、収益化の多様化とかに取り組んでこなかった事業者は、コロナの騒動がなくても苦境に立たされる可能性が高かったのだと思う。

こういった場合、どうしても事業主の高齢化はネガティブな影響与えてしまい生き残っていくこと自体が難しい状況に陥ってしまうことも多い。

今こそもっと若い従業員たちの意見を尊重するべき時期だろう。彼らが何を考え何を求めているかと言うのはすなわち消費者が何を求めているのかにも直結するのだから。


印刷