私たちのお仕事紹介その1

私たちのお仕事紹介その1

私たちの仕事の内容は多岐にわたる為、このウェブサイトを見ても一体何ができるのかわかりにくい部分があると思います。実際何やってる会社・・貨車じゃないけど・・チームなのか説明するのが難しいです。

そういった状況において毎日何をやっているか少しづつ書いていきましょう。

今日はまず専門学校でJoomlaの事を教えるCMS演習の授業がありました。教育というのもの我々の仕事の一つです。

その後クライアントの所で、ゲストハウス運営におけるウェブ販売としての、じゃらんのサイト設定および、楽天トラベルなどの販売サイトの設定補助の仕事を行い。帰宅後、クライアントのウェブサイトのセキュリティーロールアップなどの作業を終了後、深夜にかけて平成音楽大学のウェブサイトの更新指導を事務所で行います。

CMSのサイトはクライアントの管理能力が上がっていけばできるだけ、その管理権限をアップしていき、その作業を引き渡すことにしています。この為定期的なワークショップが必要ですが、そのかいもあって、音大のサイトでは多くの事が担当者自らできるようになっています。

その方が私たちにとっても手離れがいいのでありがたいですし、クライアントにとってもメリットが沢山あるでしょう。

出来ることはできる人がやる。

これは重要な考え方だと思います。

音大の担当者が来るまでに、ラジオリンカーンというFMラジオ番組の為に作っているファンクナンバーの曲の制作もあります。これは半分遊びですが、こちらも一応仕事として受けています。(それと並行してお客様から預かったWIndows7のPCを10にアップデートかけてます)

一日の間でも仕事内容が大きく変わるのが私たちの日常です。それって、大変そうに見えるかも知れませんが、同じことを延々とやるよりストレスが少ないと思っています。仕事が仕事の気分転換ですね。

 


印刷  
カテゴリフィルター
並び順
2021/5月/15日

商品と作品の違い 著作権無料の配布サイトPixabayに投稿した桜の写真

わー今回世界的な素材写真配布サイトPixabayに登録した桜の花の写真のダウンロード率が異常に高い。見た人の95%がダウンロードしているというのはこれまでにない確率だ。

44 hits

2021/5月/13日

集団の業と如何に向かい合うのか?「宗教2世 親に束縛された人生からの脱出」を見ての感想。

昨日たまたまNHKで放送されていた「宗教2世 親に束縛された人生からの脱出」という番組を少しだけ見ることができた。

101 hits

2021/5月/07日

結果論の罠にはまる

色んな人の相談を受けて思うのだが、概ね結果主義の罠に落ちている場合も多い。

82 hits

2021/5月/06日

EaseUS Todo PCTrans Technician で多数のパソコン環境移築をやってみた。

所属する大学の職員用PCの買い替えをお手伝いすることになって、EaseUS Todo PCTrans による環境移築を行ってる。

100 hits

2021/5月/02日

限界は限界を意識したときに生まれるから、その限界を超えるためには何が必要なのか考える。

世の中はGWらしいが、ありがたいことにすべて仕事で埋まってしまっていて、またもや明日、明後日は撮影の仕事で苓北町に行く。

80 hits

2021/4月/25日

怒りのコントロール

ユミツエワン(妻)が母親と電話していて、「連休は1日実家に泊まろうか?」と言ったら「あさちゃんと喧嘩したの?」と、心配された・・・家内の母にまで「あさちゃん」と呼ばれていることは別にしても、そう言われたユミツエワンは「ちがうちがう。あさちゃんは怒らないから。」と答えたようだ。

114 hits

2021/4月/25日

デープフェイク

現在 Facebook のプロフィール写真で続けているコラージュの元アイデアがこの写真で、iPhoneのアプリで顔の挿げ替えをやっている。

123 hits

2021/4月/16日

撮影時に差が出るスピードライトについて

デジカメを使っていて様々な撮影時に有効なのがスピードライト、フラッシュとかストロボなんていい方もする。これらの使い方で、プロかアマチュアかが線引される場合もある。

202 hits

2021/4月/12日

生きにくい人生をリセットしたい。

普通に暮らしている人にはわかりにくい生きにくさを持った人々。私の周りには沢山いる。「ただ生きる」ということが難しいという事、なかなか周りには理解されにくい。

247 hits

2021/4月/07日

劇場版エヴァンゲリオンシリーズは庵野秀明監督のリハビリのようなもの?

昨夜、シン・エヴァンゲリオンを観てきた。もともとそれほど好きということでもないけど、それでも一つの時代を作ったと言える作品は観ておかないと。

269 hits