LEENALCHI in Imagine your Korea

TikTokで時々出てくる Imagine your Korea という韓国の観光ビデオの中に出てくるバンドが面白くてすこ調べてみたが、これがよくわからない。何しろ英語での情報ならなんとか分かるが韓国語でのインフォメーションだと翻訳も難しい。

どうやらバンド名は「이날치 밴드」だと思われるがなんと読めばいいのか・・多分ナルチバンド?

多分何らかの文化的背景があるはずだが、これもまた謎だ。もう少し時間をかけて調べてみよう。

ボーカルの感じからすればパンソリ(韓国の民謡みたいなもの)とEDMの組み合わせのようだ。

翌日・・・

先の韓国のMVの全容が少しずつ分かってきた。それは韓国民謡のパンソリとEDMを組み合わせたバンド「LEENALCHI」とダンスユニット「Ambiguous Dance Company」によるコラボレーションだ。

この様な新旧の文化的融合というのはどんな時代でも有効だ。

つまりはクリエイティブであるためには過去の資産に関しての知識も重要であってそこに乗っかる事でより強くなれる。

文化とは語り継がれるものだが、そうなる事でそれは歴史的必然になっていく。そしてまたそれらはその地域を超える根源的訴求力を手に入れることも可能だろう。

日本は日本というアイデンティティーを敗戦と共に自ら封印していく。そのためそれらは西洋的価値観に支配されながらも、その一つの発露としてオタク的文化などに変容しつつ存在していく。

先に学生達に我々が如何に「思い込まされているのか」を授業の中で説明したのだが、それはなかなか理解していただけなかった。

例えば服装にしても、GucciやOff-White、Givenchyと言った人気ブランドが最高の服だと思っている人も多いだろうが、そもそも衣服とは何であるかなんて考える学生は居ない。

基本的に我々は他律的な生物なのであって、自立できている状況というのは幻想でしか無い。その事実に気が付かないかぎり本質的なアイデンティティーは確保出来ないのだ。


印刷