NFTはアーティストの救世主たりうるか?Act,004

NFTはアーティストの救世主たりうるか?Act,004

Web3.0

NFTの構造を考える上で重要なコンセプトとして存在しているのが Web3 ないし、Web3.0 と呼ばれる概念だ。

これらの概念はこれまでのインターネット上のサービス形態に大きく影響を与えてきました。簡単にそれらの違いをまとめると。

  • Web1.0 インターネットの黎明期にインフォメーションとしてのウェブサイト。つまり、報告。告知などが中心的な時代
  • Web2.0 双方向での情報のやり取りが可能となった時代だが、ネット内権力の中央集権的システムが生み出された時代
  • Web3.0 より個が並列に繋がり情報が分散管理される時代。

というような分類になるだろう。

Web1.0 に関してはわかりやすいかも知れない。ホームページを見ることができる www というシステムが生まれ、閲覧者は基本的に情報を得ることができるようになった。それは家庭にネット版百科事典が現れたと言うような感覚だ。

そこから発展して、ブログやSNSが生まれ、Web2.0 の時代に移行する。それによって、個人も企業も自由に情報発信ができるようになり、コミュニケーションツールとしての利用範囲は向上していくが、その中で GAFAM と呼ばれる各種サービスを提供する企業がその中での権力構造を生み出していく。

今の時代例えばGoogleに反抗するような行為を行えば、マーケティング効果は低迷し、サービス自体を享受出来ないため、ある意味 Google 帝国の臣民でないと、ネット上の活動が出来ない。

つまり、インターネットによって知識や利益の平等化が一定の企業によってコントロールされているのが現状だ。このヒエラルキー構造を変えてしまおうというのが、Web3.0 であると言ってもいいだろう。

分散型ネットワーク

インターネット上で使われている通信システムは TCP/IP というプロトコル(言葉みたいなもの)を使っている。

このプロトコルの特徴として、この分散処理が可能であるという部分だ。通常の通信は、AからBへの結線が行われて、そこでデータが移動する。それに対して、TCP/IP ではクモの巣状に張り巡らされた結線に対してデータ(情報)は小さなパケット(小さく分解されたひとまとまりのデータ)に分けられ、その頭に行き先が書かれていて、それをネット全体のコンピュータがバケツリレーで目的先に届ける。

このため、管理者がA-Bへデータを届ける管理をしているのではなく、全ての参加しているコンピュータが手分けしてデータを送っている為、管理者自体はいないことになる。

したがって、本来インターネットというのは分散処理を前提にしたシステムで動いている。

そうして出来上がった仕組みではあるが、その上で展開される世界に中央集権的仕組みができあがった。それが先の GAFAM のような企業であり、それらはすでに小国の国家予算を超える様な収益を上げている為、国よりそういった企業ないしコミュニティーのほうが力を持つ場合が出てきた。それを解体しようとする試みが Web3.0 にはある。

NFTとweb3.0

これら Web3.0 の概念の中にビットマネーなどが含まれている。ビットマネーなどもそのデータ管理に関しては、ブロックチェーンと呼ばれる技術を基本として、その所在は分散しておりコミュニティーのなかで処理される。このため、例えば一国が管理しようとしてもデータは世界中に分散していて管理できないのと同時に世界中で利用できることとなる。

もちろん、自国貨幣に換金するためにはその国の法律などによって規制もかかる可能性があり、バーチャルなものをバーチャルなまま売買することは容易だが換金にはそれなりに費用と手順が必要となってくる。このへんは今後具体的な実行時に改めて投稿したい。

これら決済のシステムが基本となってNFTも作動している。したがって、ビットマネーの安定化は重要課題となるが、ネット全体で見れば、この Web3.0 への移行は間違いなく進む事となるだろう。

NFT自体も分散型のデータ管理システムで動いていて、トークンと呼ばれる仕組みの一部だ。トークンとは、何らかのマーキングをデータに施し、そのデータの所有権などを明確にする仕組みと言える。これらはこれまでのデータベース(データの管理場所みたいなもの)を利用せず分散型台帳(ブロックチェーン)に記載される。

NFTは、Non Fungible Token (代替不可能なトークン)という意味であり、一般的なビットマネーとは違い、一点物のアイテムの所有権を証明するものとなる。ここに来てデジタルアート作品などを売るのに適している事がわかってくる。(同じパソコンであっても、それにはシリアル番号で個体識別ができるわけだが、そういったものと思ってもいいだろう)

ビットマネーは色々なものと交換可能だがNFTのトークンがあるものに関しては、所有権が付けられ、市場での売買は可能だが、所有権自体を増やすことは出来ない。これによって個々のアイテムの固有の価値を証明すことが可能となった。

それは単に、何らかのアイテムをネットで見るということではなく、それを所有しているという感覚を与え、真贋の証明もできる為、コピー可能なデジタルアートの作品にも価値がつくことなった。

 NFTでは、その報酬は自動化されていて、国という境界も超えることが可能であることから、これまでの流通産業自体を変える可能性もある。

所有権に関しての考え方

例えば、デジタルアートとしての画像であれば、コピペすれば自分のものになったような気がする。それとNFTで所有権を指定された作品とは何が違うのか?これは一般的な感覚からすればわかりにくい部分だろう。現在NFTの作品を買っているのは、投資目的である場合も多い。

これは、今後デジタル所有権がどう使われるかにも関わってくるだろう。現状では、NFTを持っているひと限定コンテンツなどが流通しているようだ。

参考サイト