インターネット中継イベントの実施

インターネット中継イベントの実施

昨日、全国女性会館のインターネット全国会議のイベントが無事終了しました。今回はなかなか高度な内容になりました。Youtubeにより同時中継や動画データ制作と配信、Zoomによる分科会会議など準備に多くの時間を費やし、配信用のノートPCも専用設定で3台ほど準備、会場に配置しました。

それに際して、発注する側も受注する我々もこういった規模でのイベントは初めてなので、それぞれの意志相通に問題が出てきます。

いわゆる「だろう運転」的な状況が生まれやすい。

FBグループを使ってリアルタイムでのやり取りが出来るようになってから随分効率化できたのですが、それまでどうしても企画代理店もなどを含めやり取りには時間がかかってしまいます。

そんななか、問題点の洗い出しが当日までに出来るのかの不安要素もありましたが、概ね合格点の出せる内容になったと思います。

大会の前半はYoutubeを使ったリアルタイム配信で、その中では動画データー、パワーポイントデータ、その他様々な形で全国をつないだ中継を行い、くまもんまで登場してのにぎやかな会議となり、昼休みを挟んで、Zoomによる分科会が開催。最大20チーム程度に別れての意見交換となりました。

事前に用意する動画データの編集などで、行政絡みの場合は直前まで修正が入ることもあり、今回も徹夜続きでの準備が続きました。

しかし、これでインターネット中継では大抵の要望に答えられる状態になりました。

生放送というのは今ではiPhoneなどでもできてしまうので簡単に考えてしまう可能性がありますが、実際は簡単なものではありません。例えばテレビ局の中継などでは数人のスタッフが同行しますが、それだけの必要性があり、実施には様々なスキルも重要になります。そういった部分は人件費や技術費として跳ね返ってきて予算がかかります。

ちょっと体力的な限界がきたのか昨夜は風邪の症状が出て熱発してしまいましたので、今日は少し休みたいと思っています。