写真が上手になりたいときの一つの方法。

写真が上手になりたいときの一つの方法。

新しくデジカメなどを購入したので写真が上手になりたいと思っている人。その方法を考えました。

それはテーマを決めるということです。しかもできるだけ面白くないような対象を選びましょう。

例えば路上の石、影、電柱、窓、柱、なんでもいいのです。それが決まったらひたすら撮影します。1000枚位撮ると必ず飽きます。

飽きてきてからが勝負

飽きない様に工夫します。色合いを変えてみる、シチュエーションを工夫する、ボケ方をコントロールする・・などなど、どうしたら面白い写真が出来るのかを考えるわけです。

これが出来る様に成れば他の撮影でもそのまま流用出来るスキルが身につきます。

そのために新しいレンズが必要、照明も必要・・だんだん泥沼にハマっていきますが、その頃には立派な写真オタク(マニア)になっているので、問題ありません。


印刷