WE LOVE   Click to listen highlighted text! WE LOVE Powered By GSpeech

リスキリング

リスキリング

昨日、社会人経験者でITC系の技術をリスキリングするために専門学校に再入学した方が、私の自宅を訪ねてきました。

専門学校には、高校卒業後に入学する人と、社会人を経験した後に再入学する人とでは、意識に大きな違いがあります。通常の教育過程で専門学校に入学する人は、既存の教育システムの延長として学校を捉えていることが多いでしょう。

一方、社会人を経験した人は、学校に対する意識が当然変わってきます。

これまでの社会は、学習を終えた若者を働き手として育て直す余裕がありました。しかし、近年では、そのような余裕がなくなった業界も多く、過保護と言えるような就労の仕組みが変化してきています。

これまでは、自分や社会に対して無自覚であっても、誰かが守ってくれると思っていた若者も多かったかもしれません。しかし、そのような世界はもはやなくなりつつあります。自分自身のことや将来に対して自覚をもって進まなければ、普通に暮らすことさえできなくなる可能性が高まっています。

一度社会に出て、現実を経験した人は、よりシビアな意識を持っています。学校で何を学び、何を活かすかを真剣に考える人が増えています。そのような機会を欲する人も増え続けていると考えられます。

このように、社会構造としての教育システムにも大きな変革が必要になっています。リスキリング時における生活補助などの新たな枠組みも必要です。

それらを統合的に行わない限り、個人も集団も立ち行かない未来が待っているでしょう。また、それは学校という組織だけでサポートできるわけではなく、社会と学校が連携して動くことが必要であると考えられます。

Kohji Asakawa In a school classroom a high school girl in schoo d7aa69f3 47fe 40d7 9d1e 44330a4bc290

リスキリングに必要となる社会構造の具体的改善点

上記に対して人工知能に聞いてみました。

教育システムの改革

リスキリングには教育機関が重要な役割を果たします。現在の教育システムでは、就職に直結する技術や知識に重点が置かれがちで、リスキリングに必要なスキルや知識を身につけることが難しい場合があります。そのため、教育システム自体に大きな改革が必要になります。例えば、リスキリングに必要なスキルや知識を習得できるカリキュラムの導入や、企業との連携による実践的な学習の場を設けるなどの対策が必要です。

生活補助制度の充実

リスキリングには、時間と資金の面で多大な負担がかかります。そのため、生活補助制度の充実が必要です。例えば、教育訓練給付金の支給や、就労支援金の制度化などが挙げられます。また、リスキリングによって失業する可能性がある人に対しては、失業手当の支給期間の延長や再就職支援なども必要になります。

キャリアアップの機会の拡大

リスキリングを行うことで、新たなキャリアアップの機会を得ることができます。そのため、企業や教育機関が、リスキリングを促進するための新たなキャリアアップの機会を提供する必要があります。例えば、社員のキャリアアップ支援や、教育訓練を受けた人材を積極的に採用する制度の導入などが考えられます。

これらの改善点を実現するためには、教育機関、企業、政府が協力し、統合的な取り組みが必要です。また、個人も自らのキャリアアップのために積極的にリスキリングに取り組み、社会的な変化に対応する必要があります。

  Click to listen highlighted text! リスキリング 評価 (0) 昨日、社会人経験者でITC系の技術をリスキリングするために専門学校に再入学した方が、私の自宅を訪ねてきました。 専門学校には、高校卒業後に入学する人と、社会人を経験した後に再入学する人とでは、意識に大きな違いがあります。通常の教育過程で専門学校に入学する人は、既存の教育システムの延長として学校を捉えていることが多いでしょう。 一方、社会人を経験した人は、学校に対する意識が当然変わってきます。 これまでの社会は、学習を終えた若者を働き手として育て直す余裕がありました。しかし、近年では、そのような余裕がなくなった業界も多く、過保護と言えるような就労の仕組みが変化してきています。 これまでは、自分や社会に対して無自覚であっても、誰かが守ってくれると思っていた若者も多かったかもしれません。しかし、そのような世界はもはやなくなりつつあります。自分自身のことや将来に対して自覚をもって進まなければ、普通に暮らすことさえできなくなる可能性が高まっています。 一度社会に出て、現実を経験した人は、よりシビアな意識を持っています。学校で何を学び、何を活かすかを真剣に考える人が増えています。そのような機会を欲する人も増え続けていると考えられます。 このように、社会構造としての教育システムにも大きな変革が必要になっています。リスキリング時における生活補助などの新たな枠組みも必要です。 それらを統合的に行わない限り、個人も集団も立ち行かない未来が待っているでしょう。また、それは学校という組織だけでサポートできるわけではなく、社会と学校が連携して動くことが必要であると考えられます。 リスキリングに必要となる社会構造の具体的改善点 上記に対して人工知能に聞いてみました。 教育システムの改革 リスキリングには教育機関が重要な役割を果たします。現在の教育システムでは、就職に直結する技術や知識に重点が置かれがちで、リスキリングに必要なスキルや知識を身につけることが難しい場合があります。そのため、教育システム自体に大きな改革が必要になります。例えば、リスキリングに必要なスキルや知識を習得できるカリキュラムの導入や、企業との連携による実践的な学習の場を設けるなどの対策が必要です。 生活補助制度の充実 リスキリングには、時間と資金の面で多大な負担がかかります。そのため、生活補助制度の充実が必要です。例えば、教育訓練給付金の支給や、就労支援金の制度化などが挙げられます。また、リスキリングによって失業する可能性がある人に対しては、失業手当の支給期間の延長や再就職支援なども必要になります。 キャリアアップの機会の拡大 リスキリングを行うことで、新たなキャリアアップの機会を得ることができます。そのため、企業や教育機関が、リスキリングを促進するための新たなキャリアアップの機会を提供する必要があります。例えば、社員のキャリアアップ支援や、教育訓練を受けた人材を積極的に採用する制度の導入などが考えられます。 これらの改善点を実現するためには、教育機関、企業、政府が協力し、統合的な取り組みが必要です。また、個人も自らのキャリアアップのために積極的にリスキリングに取り組み、社会的な変化に対応する必要があります。 2023年05月04日 参照数: 2010 前へ 次へ Powered By GSpeech

 

 上のスピーカーマークをクリックすることで音声による読み上げが可能です。

Click to listen highlighted text! Powered By GSpeech