WE LOVE   Click to listen highlighted text! WE LOVE Powered By GSpeech

Bingのチャットに異世界の物語を書かせてみた。異世界勇者の苦労話 ~魔王を倒すのは簡単じゃないんです!~

Bingのチャットに異世界の物語を書かせてみた。異世界勇者の苦労話 ~魔王を倒すのは簡単じゃないんです!~

創作系が苦手なはずの Bing Chat に創作させてみた。

 

異世界を舞台にした小説の簡単なプロットを考えてください

異世界を舞台にした小説の簡単なプロットを考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか?

主人公は、ある日突然、異世界に召喚される。その世界は、魔法や剣が存在し、人間以外の種族や魔物が暮らすファンタジーな世界だった。主人公は、召喚された理由を知らされる。それは、この世界を滅ぼそうとする魔王を倒すために、勇者として選ばれたからだった。主人公は、魔王を倒すために必要な力を得るために、仲間を集めて冒険に出ることになる。しかし、その道のりは険しく、魔王の手下や敵対する勢力、さらには異世界の常識に翻弄されることになる。主人公は、異世界での生活に慣れながらも、自分の使命に向かって奮闘する。果たして、主人公は魔王を倒し、元の世界に帰ることができるのだろうか?

この小説のタイトルを考えてください。

この小説のタイトルを考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか?

異世界勇者の苦労話 ~魔王を倒すのは簡単じゃないんです!~

この小説の登場人物を考えてください

この小説の登場人物を考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか?

  • 主人公:カイト
    召喚された勇者。元の世界では普通の高校生だったが、異世界では魔法や剣の才能があることが判明する。正義感が強く、仲間を守るためには自分を犠牲にすることも厭わない。しかし、異世界の常識に疎く、トラブルに巻き込まれることも多い。
  • 仲間:リリア
    主人公を召喚した王国の姫。魔法の力が強く、主人公に魔法を教える役割を担う。優しくて聡明だが、少しわがままでお転婆なところがある。主人公に好意を抱くが、素直になれないでいる。
  • 仲間:ガレス
    主人公の剣の師匠。王国の騎士団の団長で、剣の腕は一流。主人公に厳しく指導するが、その裏には深い信頼と期待がある。真面目で正直だが、少し頑固で恋愛には疎い。
  • 仲間:ミア
    主人公の仲間の一人。獣人の少女で、耳と尾が特徴。身体能力が高く、盗賊として生きてきた。主人公に助けられてからは、彼に忠誠を誓う。明るくて元気だが、少しわがままでおてんばなところがある。
  • 魔王:ゼノス
    この世界を滅ぼそうとする魔王。人間を憎んでおり、魔物や邪悪な種族を率いて戦争を起こす。魔力と力が非常に強く、勇者に匹敵する存在。冷酷で残忍だが、自分の目的には熱い情熱を持っている。

この小説の登場人物の関係を教えてください。

この小説の登場人物の関係を考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか?

  • 主人公とリリア:最初は主従関係だったが、次第に恋愛感情が芽生える。しかし、互いに素直になれずにいる。魔王との戦いの中で、自分の気持ちに気づき、告白する。
  • 主人公とガレス:師弟関係だが、仲間としても信頼し合う。ガレスは主人公の成長を見守り、助言や励ましをする。主人公はガレスの剣の腕に憧れ、尊敬する。
  • 主人公とミア:主従関係だが、友達としても仲がいい。ミアは主人公に忠実で、彼のためなら何でもする。主人公はミアの明るさや元気さに癒される。
  • リリアとガレス:幼馴染みで、兄妹のような関係。ガレスはリリアの身を案じており、主人公に対しては警戒心を持つ。リリアはガレスのことを大切に思っており、主人公に対しては嫉妬心を持つ。
  • リリアとミア:ライバル関係だが、仲間としても協力する。リリアはミアの主人公に対する態度に不満を持ち、けんかすることもある。ミアはリリアの主人公に対する気持ちに気づいており、からかうこともある。
  • ガレスとミア:反目しあう関係だが、仲間としても尊重する。ガレスはミアの盗賊としての過去や獣人としての立場に偏見を持ち、彼女を信用しない。ミアはガレスの騎士としての堅苦しさや人間としての優位性に反発し、彼をからかう。
  • 魔王と主人公:宿敵関係だが、互いに認め合う。魔王は主人公の力や正義感に興味を持ち、彼を試す。主人公は魔王の残虐さや野望に憤り、彼を倒すことを誓う。

この小説の第一章を書いてください

この小説の第一章を書いてみました。以下のようなものでいかがでしょうか?

第一章 異世界召喚

カイトは、いつものように学校から帰ってきた。彼は、普通の高校生で、特に目立つところもない。成績は平均的で、部活もしていない。友達も多くはないが、仲のいいグループがある。恋人もいないが、気になる女の子がいる。そんな彼の日常は、ある日突然、変わってしまった。

「ねえ、カイト。今日の放課後、一緒に帰ろうよ」

彼の気になる女の子、桜井美咲が声をかけてきた。彼女は、クラスの人気者で、可愛くて明るくて優しい。カイトは、彼女にずっと憧れていたが、なかなか話しかけることができなかった。だから、彼女から声をかけられたことに、驚きと喜びを感じた。

「え、ええと、うん。いいよ」

カイトは、緊張しながら答えた。彼女は、にっこりと笑って、彼の隣に歩いてきた。カイトは、彼女の甘い香りや、髪の毛が触れる感触にドキドキした。彼女は、何気なく話しかけてきたが、カイトにとっては、それがとても嬉しかった。

「ねえ、カイト。実は、あなたに聞きたいことがあるんだ」

彼女は、そう言って、カイトの手を握った。カイトは、彼女の手の温もりに、さらにドキドキした。彼女は、カイトの目を見つめて、真剣な表情になった。

「カイト、私のこと、好き?」

彼女は、そう言って、カイトにキスをした。カイトは、彼女の唇の柔らかさに、驚きと幸せを感じた。彼女は、カイトのことが好きだったのだ。カイトは、彼女に抱きついて、キスを返した。

「美咲、俺も、好きだよ」

カイトは、そう言って、彼女に愛を告げた。彼女は、カイトの胸に顔を埋めて、幸せそうに笑った。カイトは、彼女の髪を撫でて、幸せそうに笑った。二人は、しばらく抱き合っていた。それは、カイトにとって、最高の瞬間だった。

しかし、その瞬間は、長くは続かなかった。

「カイト、美咲、ごめんなさい」

突然、カイトの友達の一人、佐藤健太が現れた。彼は、カイトのグループの中で、一番のお調子者で、いつも冗談を言っていた。カイトは、彼の顔を見て、怒りと不安を感じた。彼は、何をしに来たのだろうか。

「何だよ、健太。邪魔すんなよ」

カイトは、彼に怒りながら言った。彼は、美咲の手を引いて、健太から離れようとした。しかし、健太は、カイトの手を掴んで、引き止めた。

「カイト、本当にごめんなさい。でも、これは仕方ないんだ。君は、選ばれたんだよ」

健太は、そう言って、カイトの手に何かを握らせた。カイトは、それを見て、驚いた。それは、小さなペンダントだった。ペンダントには、謎の文字が刻まれていた。

「これは、何だよ?」

カイトは、健太に尋ねた。健太は、カイトの目を見て、真剣な表情になった。

「これは、異世界への扉だよ。君は、このペンダントを持って、異世界へ行くんだ。そして、その世界の魔王を倒すんだ。君は、勇者なんだよ」

健太は、そう言って、カイトに笑顔を見せた。カイトは、健太の言葉に、呆れと怒りを感じた。健太は、何を言っているのだろうか。異世界なんて、存在しない。魔王なんて、存在しない。勇者なんて、存在しない。これは、健太の悪い冗談だ。そう思ったカイトは、健太にペンダントを投げ返した。

「やめろよ、健太。こんなバカな冗談、信じるわけないだろ。俺は、勇者なんかじゃない。ただの高校生だ。美咲と一緒に帰りたいだけだ。だから、邪魔すんなよ」

カイトは、そう言って、健太を突き飛ばした。健太は、ペンダントを受け止めて、カイトに悲しそうな顔をした。

「カイト、本当にごめんなさい。でも、これは本当のことなんだ。君は、勇者として選ばれたんだ。君は、異世界へ行かなくちゃいけないんだ。君は、魔王を倒さなくちゃいけないんだ。君は、この世界の救世主なんだ」

健太は、そう言って、カイトにペンダントを差し出した。カイトは、健太の言葉に、呆れと怒りを感じた。健太は、何を言っているのだろうか。これは、本当のことなんてありえない。カイトは、勇者として選ばれたなんてありえない。カイトは、異世界へ行きたくない。カイトは、魔王を倒したくない。カイトは、この世界の救世主なんてなりたくない。カイトは、美咲と一緒にいたいだけだ。そう思ったカイトは、健太にペンダントを叩き落とした。

「やめろよ、健太。こんなバカな.....

 

 Kohji Asakawa The main character Kite is suddenly summoned to a 37452f6a d40d 429f 8e57 1ca87e48c95c

全体のプロットを英訳してミッドジャーニーで視覚化した主人公カイト


 ここからは考察

基本的にAIによる作文は最大公約数的内容になるのは予想できる。したがって情報が少ない状況での創作物は、ありがちな設定になるのが当然だろう。そこにもっと細かい設定を行って、独自性を持たせない限り面白い脚本になることはないのは、現実でも同じである。

それから本来少ない情報から組み立てているためにセリフや説明がが単純にくどくなっている場合が多い。

その他、いろいろ問題があるにしても・・・やはりすごいなと思ってしまう。

  Click to listen highlighted text! Bingのチャットに異世界の物語を書かせてみた。異世界勇者の苦労話 ~魔王を倒すのは簡単じゃないんです!~ 評価 (0) 創作系が苦手なはずの Bing Chat に創作させてみた。   異世界を舞台にした小説の簡単なプロットを考えてください 異世界を舞台にした小説の簡単なプロットを考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか? 主人公は、ある日突然、異世界に召喚される。その世界は、魔法や剣が存在し、人間以外の種族や魔物が暮らすファンタジーな世界だった。主人公は、召喚された理由を知らされる。それは、この世界を滅ぼそうとする魔王を倒すために、勇者として選ばれたからだった。主人公は、魔王を倒すために必要な力を得るために、仲間を集めて冒険に出ることになる。しかし、その道のりは険しく、魔王の手下や敵対する勢力、さらには異世界の常識に翻弄されることになる。主人公は、異世界での生活に慣れながらも、自分の使命に向かって奮闘する。果たして、主人公は魔王を倒し、元の世界に帰ることができるのだろうか? この小説のタイトルを考えてください。 この小説のタイトルを考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか? 異世界勇者の苦労話 ~魔王を倒すのは簡単じゃないんです!~ この小説の登場人物を考えてください この小説の登場人物を考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか? 主人公:カイト召喚された勇者。元の世界では普通の高校生だったが、異世界では魔法や剣の才能があることが判明する。正義感が強く、仲間を守るためには自分を犠牲にすることも厭わない。しかし、異世界の常識に疎く、トラブルに巻き込まれることも多い。 仲間:リリア主人公を召喚した王国の姫。魔法の力が強く、主人公に魔法を教える役割を担う。優しくて聡明だが、少しわがままでお転婆なところがある。主人公に好意を抱くが、素直になれないでいる。 仲間:ガレス主人公の剣の師匠。王国の騎士団の団長で、剣の腕は一流。主人公に厳しく指導するが、その裏には深い信頼と期待がある。真面目で正直だが、少し頑固で恋愛には疎い。 仲間:ミア主人公の仲間の一人。獣人の少女で、耳と尾が特徴。身体能力が高く、盗賊として生きてきた。主人公に助けられてからは、彼に忠誠を誓う。明るくて元気だが、少しわがままでおてんばなところがある。 魔王:ゼノスこの世界を滅ぼそうとする魔王。人間を憎んでおり、魔物や邪悪な種族を率いて戦争を起こす。魔力と力が非常に強く、勇者に匹敵する存在。冷酷で残忍だが、自分の目的には熱い情熱を持っている。 この小説の登場人物の関係を教えてください。 この小説の登場人物の関係を考えてみました。以下のようなものでいかがでしょうか? 主人公とリリア:最初は主従関係だったが、次第に恋愛感情が芽生える。しかし、互いに素直になれずにいる。魔王との戦いの中で、自分の気持ちに気づき、告白する。 主人公とガレス:師弟関係だが、仲間としても信頼し合う。ガレスは主人公の成長を見守り、助言や励ましをする。主人公はガレスの剣の腕に憧れ、尊敬する。 主人公とミア:主従関係だが、友達としても仲がいい。ミアは主人公に忠実で、彼のためなら何でもする。主人公はミアの明るさや元気さに癒される。 リリアとガレス:幼馴染みで、兄妹のような関係。ガレスはリリアの身を案じており、主人公に対しては警戒心を持つ。リリアはガレスのことを大切に思っており、主人公に対しては嫉妬心を持つ。 リリアとミア:ライバル関係だが、仲間としても協力する。リリアはミアの主人公に対する態度に不満を持ち、けんかすることもある。ミアはリリアの主人公に対する気持ちに気づいており、からかうこともある。 ガレスとミア:反目しあう関係だが、仲間としても尊重する。ガレスはミアの盗賊としての過去や獣人としての立場に偏見を持ち、彼女を信用しない。ミアはガレスの騎士としての堅苦しさや人間としての優位性に反発し、彼をからかう。 魔王と主人公:宿敵関係だが、互いに認め合う。魔王は主人公の力や正義感に興味を持ち、彼を試す。主人公は魔王の残虐さや野望に憤り、彼を倒すことを誓う。 この小説の第一章を書いてください この小説の第一章を書いてみました。以下のようなものでいかがでしょうか? 第一章 異世界召喚 カイトは、いつものように学校から帰ってきた。彼は、普通の高校生で、特に目立つところもない。成績は平均的で、部活もしていない。友達も多くはないが、仲のいいグループがある。恋人もいないが、気になる女の子がいる。そんな彼の日常は、ある日突然、変わってしまった。 「ねえ、カイト。今日の放課後、一緒に帰ろうよ」 彼の気になる女の子、桜井美咲が声をかけてきた。彼女は、クラスの人気者で、可愛くて明るくて優しい。カイトは、彼女にずっと憧れていたが、なかなか話しかけることができなかった。だから、彼女から声をかけられたことに、驚きと喜びを感じた。 「え、ええと、うん。いいよ」 カイトは、緊張しながら答えた。彼女は、にっこりと笑って、彼の隣に歩いてきた。カイトは、彼女の甘い香りや、髪の毛が触れる感触にドキドキした。彼女は、何気なく話しかけてきたが、カイトにとっては、それがとても嬉しかった。 「ねえ、カイト。実は、あなたに聞きたいことがあるんだ」 彼女は、そう言って、カイトの手を握った。カイトは、彼女の手の温もりに、さらにドキドキした。彼女は、カイトの目を見つめて、真剣な表情になった。 「カイト、私のこと、好き?」 彼女は、そう言って、カイトにキスをした。カイトは、彼女の唇の柔らかさに、驚きと幸せを感じた。彼女は、カイトのことが好きだったのだ。カイトは、彼女に抱きついて、キスを返した。 「美咲、俺も、好きだよ」 カイトは、そう言って、彼女に愛を告げた。彼女は、カイトの胸に顔を埋めて、幸せそうに笑った。カイトは、彼女の髪を撫でて、幸せそうに笑った。二人は、しばらく抱き合っていた。それは、カイトにとって、最高の瞬間だった。 しかし、その瞬間は、長くは続かなかった。 「カイト、美咲、ごめんなさい」 突然、カイトの友達の一人、佐藤健太が現れた。彼は、カイトのグループの中で、一番のお調子者で、いつも冗談を言っていた。カイトは、彼の顔を見て、怒りと不安を感じた。彼は、何をしに来たのだろうか。 「何だよ、健太。邪魔すんなよ」 カイトは、彼に怒りながら言った。彼は、美咲の手を引いて、健太から離れようとした。しかし、健太は、カイトの手を掴んで、引き止めた。 「カイト、本当にごめんなさい。でも、これは仕方ないんだ。君は、選ばれたんだよ」 健太は、そう言って、カイトの手に何かを握らせた。カイトは、それを見て、驚いた。それは、小さなペンダントだった。ペンダントには、謎の文字が刻まれていた。 「これは、何だよ?」 カイトは、健太に尋ねた。健太は、カイトの目を見て、真剣な表情になった。 「これは、異世界への扉だよ。君は、このペンダントを持って、異世界へ行くんだ。そして、その世界の魔王を倒すんだ。君は、勇者なんだよ」 健太は、そう言って、カイトに笑顔を見せた。カイトは、健太の言葉に、呆れと怒りを感じた。健太は、何を言っているのだろうか。異世界なんて、存在しない。魔王なんて、存在しない。勇者なんて、存在しない。これは、健太の悪い冗談だ。そう思ったカイトは、健太にペンダントを投げ返した。 「やめろよ、健太。こんなバカな冗談、信じるわけないだろ。俺は、勇者なんかじゃない。ただの高校生だ。美咲と一緒に帰りたいだけだ。だから、邪魔すんなよ」 カイトは、そう言って、健太を突き飛ばした。健太は、ペンダントを受け止めて、カイトに悲しそうな顔をした。 「カイト、本当にごめんなさい。でも、これは本当のことなんだ。君は、勇者として選ばれたんだ。君は、異世界へ行かなくちゃいけないんだ。君は、魔王を倒さなくちゃいけないんだ。君は、この世界の救世主なんだ」 健太は、そう言って、カイトにペンダントを差し出した。カイトは、健太の言葉に、呆れと怒りを感じた。健太は、何を言っているのだろうか。これは、本当のことなんてありえない。カイトは、勇者として選ばれたなんてありえない。カイトは、異世界へ行きたくない。カイトは、魔王を倒したくない。カイトは、この世界の救世主なんてなりたくない。カイトは、美咲と一緒にいたいだけだ。そう思ったカイトは、健太にペンダントを叩き落とした。 「やめろよ、健太。こんなバカな.....     全体のプロットを英訳してミッドジャーニーで視覚化した主人公カイト  ここからは考察 基本的にAIによる作文は最大公約数的内容になるのは予想できる。したがって情報が少ない状況での創作物は、ありがちな設定になるのが当然だろう。そこにもっと細かい設定を行って、独自性を持たせない限り面白い脚本になることはないのは、現実でも同じである。 それから本来少ない情報から組み立てているためにセリフや説明がが単純にくどくなっている場合が多い。 その他、いろいろ問題があるにしても・・・やはりすごいなと思ってしまう。 2023年02月13日 参照数: 2944 前へ 次へ Powered By GSpeech

 

 上のスピーカーマークをクリックすることで音声による読み上げが可能です。

Click to listen highlighted text! Powered By GSpeech