WE LOVE   Click to listen highlighted text! WE LOVE Powered By GSpeech

Googleドキュメントの音声認識機能を使って作った文書を音声で発声させてみる。

Googleドキュメントの音声認識機能を使って作った文書を音声で発声させてみる。

下記の文書はGoogleドキュメントの機能である音声入力機能を使って、作ったものを誤変換も含め、そのままペーストしています。下記のスピーカーのボタンでテキストから合成音声で聞くことも可能です。


 Google の様々なサービスに人工知能つまり AI が導入されたことでサービスの質がとても向上したわけですが音声変換に関してどの程度の能力があるかテストしたいと思います。

 

 またこうやって作った原稿をもとにデルタワークスのブログに貼り付けてそれを Google のテキスト to スピーチつまり文字から音声に変換する仕組みを利用してテキスト読み上げをさせてみようと思います。

 

 俺ら作業することによって10大きな構成酸性の向上が見込まれると思いますが10音声からの変換に関してはまだまだ問題も残ると思われますまる改行だけは手動で行いますがそれ以外の誤変換をそのまま残してこの原稿にしたいと思います。

 

それでもこういったヒューマンサポートとなるような機能を上手に使うことによって様々な障害をクリアすることができる時代になったとも言えます。 もちろんこれから人工知能の腹痛とともに新たなサポート手段というものがたくさん出てくるでしょうマール

 

しかし10実際やってみるとわかると思いますがしゃべる言葉を正確に発音しながら文章を組み立てていくというのにはコツがあります。 コツというよりも慣れが必要です誰でも淀みなく喋るしかも理論的に破綻しない形で喋るというのは案外難しいものです。

 

私の場合 iPhone で簡単なメッセージや発言をする際には音声入力をよく使います。 iPhone の音声認識率というのは非常に高いものですしで多少の誤変換は出るにしても一般的なやり取りであれば相手に音声入力であるということを伝え誤変換があったとしてもなんとかやりとりができる状況にあると思います。

 

 iPhone などによるテキストの持ち込みに対してパソコンの場合はキーボードを使うわけですが10今打ち込んでいるこの音声によるテキスト納涼をキーボードで打ち込めば相当数の時間がかかりますが10音声であれば短くて済むかもしれません。

 

 ただ長時間になると10長時間喋り続ける体力というのは案外大きいものです。そのためキーボード上で文章を打つよりも 突かれる可能性もあります丸この辺は難しいところでしょう 

  Click to listen highlighted text! Googleドキュメントの音声認識機能を使って作った文書を音声で発声させてみる。 評価 (0) 下記の文書はGoogleドキュメントの機能である音声入力機能を使って、作ったものを誤変換も含め、そのままペーストしています。下記のスピーカーのボタンでテキストから合成音声で聞くことも可能です。  Google の様々なサービスに人工知能つまり AI が導入されたことでサービスの質がとても向上したわけですが音声変換に関してどの程度の能力があるかテストしたいと思います。    またこうやって作った原稿をもとにデルタワークスのブログに貼り付けてそれを Google のテキスト to スピーチつまり文字から音声に変換する仕組みを利用してテキスト読み上げをさせてみようと思います。    俺ら作業することによって10大きな構成酸性の向上が見込まれると思いますが10音声からの変換に関してはまだまだ問題も残ると思われますまる改行だけは手動で行いますがそれ以外の誤変換をそのまま残してこの原稿にしたいと思います。   それでもこういったヒューマンサポートとなるような機能を上手に使うことによって様々な障害をクリアすることができる時代になったとも言えます。 もちろんこれから人工知能の腹痛とともに新たなサポート手段というものがたくさん出てくるでしょうマール   しかし10実際やってみるとわかると思いますがしゃべる言葉を正確に発音しながら文章を組み立てていくというのにはコツがあります。 コツというよりも慣れが必要です誰でも淀みなく喋るしかも理論的に破綻しない形で喋るというのは案外難しいものです。   私の場合 iPhone で簡単なメッセージや発言をする際には音声入力をよく使います。 iPhone の音声認識率というのは非常に高いものですしで多少の誤変換は出るにしても一般的なやり取りであれば相手に音声入力であるということを伝え誤変換があったとしてもなんとかやりとりができる状況にあると思います。    iPhone などによるテキストの持ち込みに対してパソコンの場合はキーボードを使うわけですが10今打ち込んでいるこの音声によるテキスト納涼をキーボードで打ち込めば相当数の時間がかかりますが10音声であれば短くて済むかもしれません。    ただ長時間になると10長時間喋り続ける体力というのは案外大きいものです。そのためキーボード上で文章を打つよりも 突かれる可能性もあります丸この辺は難しいところでしょう  2023年01月25日 参照数: 237 前へ 次へ Powered By GSpeech

 

 上のスピーカーマークをクリックすることで音声による読み上げが可能です。

Click to listen highlighted text! Powered By GSpeech