制作環境におけるモニター等について

横浜で使う予定の小型外部モニター。本番では外部モニター端子を利用してプロジェクションを行うため、そのテストとしても必要だし、実際の制作作業が当日も必要となるため、ダブルモニターで作業したほうが断然効率もいい。

実際マルチモニターに慣れてしまうとシングルモニターには戻れなくなる。PCを使った制作系の仕事をしている人には強くオススメしたい環境だ。

左のモニターで作業しながら右で確認というのがシームレスにできるわけで、それ以外でも片方で資料を見ながら片方で書き込みなんても楽だ。

また、普段使っているユーティリティーソフトで、クリップボード拡張機能というのも手放せない機能の一つ。

これはコピペする際に過去の履歴を覚えておいてくれる機能で、例えば単純に10項目をコピペする場合でも、一旦先に10項目をコピー、それを一気に貼り付けられる。

しかもダブルモニターだと画面切り替えも不要。

1画面でやるのとは根本的に処理の手順が違う。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~geoph/micky/nicky.html

ちなみにWindowsXPの時代からずーっと使っているフリーソフトがこれ。先のクリップボード拡張機能だけでなくランチャーとしても使いやすい。これって私にとって必須のユーティリティーなのだ。


印刷