その昔自分でも焼き物を焼いていた時期があった。

その昔自分でも焼き物を焼いていた時期があった。

テクノロジーとは対極にあるかもしれない陶芸という趣味。一時期、テクノロジー系の趣味から少し距離を於いていた時期、没頭していたのが陶芸だ。

 最初は気に入った器を買う程度だったが、徐々にその良し悪しを理解できる様になってからは、どうしても自分で作りたくなった。そこで、粘土を買って、それ関係の本を買い込み、友人の窯を借りて焼き始めた。

普通なら、陶芸教室にでも通ってから焼くのだろうが、どうもそれは自分には合わない。一人で試行錯誤して失敗を繰り返すほうがいいのだ。失敗すれば悔しいから更に勉強する。ダメ元で実験を繰り返す。この行為がたまらなく楽しい。

実際焼き始めた時には、全く使い物にならない器の大量生産である。

何日もかけて準備し、数日をかけて焼いたとしても全滅という場合がある。

全滅したその事実を持って、感覚が育っていく。

温度管理一つとってみても、土とその時の湿度や気温などに左右され、簡単ではない、電気釜ならまだしも、使っていたのはガス窯であるから、炎の制御は難しい。確かに電気窯なら失敗も少ないだろうし、ほとんど自動で焼き上がるがトースト焼いているわけではないので、それでは面白くないのだ。

こういった性格であるからして、誰かに習うというのが難しい。

当然指導者は、失敗させないように心配ってくれる。失敗せず、効率よく仕上げるために教えているわけだから当然だろう。

しかし、私は失敗したいのだ・・・。

失敗なしに物事の理解は出来ないと思っている。

そういったわけで使えるような器を作れる様になるまで随分かかった。土の選択、釉薬の配合、焼き方それぞれに関して沢山失敗して、それをすべてデータとして記録し、何が問題なのか分析する。

それをもとにまた焼いてみるの繰り返し。

そのうち、焼き物自体への理解が進み、良し悪しの判断もできるようになる。

どんな器に色気があり、どんなろくろ目に勢いがあるのか?そして侘び寂びの概念をどう捉えるのか?

そういったことが理解出来てくるわけだ。

今は、時間の都合もあり、焼き物を作る事はしていない。しかし、いつかまた再開したいと思う。

写真は粉引のぐい呑、土は唐津だ。


印刷  
2020/12月/31日

エレクトレットコンデンサーマイクとプラグインパワー

 その昔、テレビコマーシャルの音楽制作の仕事もやっていたわけでして、その意味ではサウンド関連も専門の一つですが、最近は動画関連の仕事や中継系の仕事も増えてきています。

87 hits

2020/12月/19日

連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

ありがたいことに今週も連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

120 hits

2020/12月/15日

Find/47にてPhoto of the Week賞をいただきました。

今回の受賞で嬉しいことがあったそれは審査員の久志尚さんからの言葉。 審査員の論評から

122 hits

2020/12月/06日

インターネットライブ・コンサートYouTube有料配信イベント終了

YouTubeにおけるコンサートのライブ配信を行った。リアルタイム配信では色々と気を使う。正直結構怖い。そのために機材を2重に準備する。

207 hits

2020/11月/29日

重要なのは、才能より動き始めた者だけにチャンスが来る事実

 自分には「才能ない」などと、いつまでも言ってるとそれは謙虚を通り越して傲慢に成ると思う。

250 hits

2020/11月/28日

インターネット中継イベントの実施

昨日、全国女性会館のインターネット全国会議のイベントが無事終了しました。今回はなかなか高度な内容になりました。Youtubeにより同時中継や動画データ制作と配信、Zoomによる分科会会議など準備に多くの時間を費やし、配信用のノートPCも専用設定で3台ほど準備、会場に配置しました。

225 hits

2020/11月/20日

宇宙で鳴っている音

いとうせいこうと細野晴臣との対談の映像には色んな示唆が含まれている。

205 hits

2020/11月/20日

リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。

現在Chrome及びそのエンジンを使っているMicrosoft Edge 及び Brave ブラウザでウェブサイトを見た場合FacebookのBoxが埋め込まれていると、「リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。できるだけ早く解決できるよう、作業中です」といったメッセージとともに表示できない症状が発生中。

230 hits

2020/11月/15日

存在の気配はそれほど違いもなくて

私達はそれぞれの思いを抱きつつ、この場所に居てもいいのか問い続ける。その問いは空虚な生活の中で反響し共振しながら増幅するかも知れない。だからこそ誰かとその思いを共有したいと切望するのだ。

170 hits

2020/11月/05日

紅葉の季節撮影時のホワイトバランスについて

この時期、山々の紅葉が美しい季節となりましたが、カメラで撮影するとなんだか色が変だと思われたことはありませんか?

338 hits