アートにおける表現の自由

アートにおける表現の自由

先程abema.tvにて、河村市長の記者会見を見ていて思ったが、日本での芸術と世界基準のアートとの間には定義の違いがありそうだ。

もともと、アートの概念と同じものが芸術として認められているのかといえば十分ではないと思われる。

芸術は「芸」と「術」という言葉から連想されるように卓越した技術や独自の方法で「美」を表現したものといった理解だろう。

それに対して、アートはもっとその範囲が広い。

思想信条を含め多元的な視点をもって表現する活動なのであって、それはすなわち表現の自由に直結する。表現されたものの是非は閲覧者に託されているが、そこに権力による介入があってはならない。

よって、これらの行為が「検閲」に相当するというのは正しいと思う。本来、アートはそういった権力に対抗する手段の一つでもある。したがって、河村市長が個人として意見を言うのは問題ないが、市長という立場で中止を要求するのはいかがなものかと思う。

今私は、ラジオリンカーンで喋っているが、その発言に注意する必要もあるのと同時に、言いたいことを言うための表現の仕方というものも勉強しなくてはいけないだろう。

表現の自由とは、可能性の担保なのであって、それらが制限された時支配は増し、窮屈な世界になっていく。外国人ジャーナリストから見た日本の報道の自由ランキングが、先進国の中では最低に近く落ち込んでいるという状況が今の日本。

一般市民は「身の回りのどうでもいいことや、ご飯の情報だけ発信しとけばいいじゃない」なんて雰囲気になるのはまっぴらだ。


印刷  
2020/7月/31日

球磨川沿いの被災者でもある溝口さんと電話にて

先程球磨川沿いの被災者でもある溝口さんと電話にて、土曜日の取材の件を相談致しました。

21 hits

2020/7月/30日

学生であるという意識と社会

本日は大学の情報演習の時間を使って人吉の状況レポートの授業を短時間ではあるが行った。

19 hits

2020/7月/30日

球磨村被害状況

坂本村に入った方の話として、今回は熊本地震のときよりも復旧の速度がどうしても遅くなっているのではないかとのこと。

30 hits

2020/7月/26日

令和2年7月豪雨災害での球磨郡相良村の状況

熊本県球磨郡相良村柳瀬近辺でボランティアとしてお手伝いされている桑原様と、その民家の奥様の話を聞くことが出来ました。 音声による番組に成っています。 球磨郡相良村の状況

51 hits

2020/7月/26日

球磨郡球磨村渡地区の被災状況

昨日人吉地区の被害状況の確認に行ってきましたが、その際撮影したビデオ画像からの書き出し画像とGoogleストリートビューの過去の同じ場所の画像を比較してみました。 Googleさん無断転用ごめんなさい。

80 hits

2020/7月/26日

2020年「令和2年7月豪雨災害」関連無料画像配布開始

先に県南を中心に大きな被害が出た令和2年7月豪雨災害の記録写真を緊急公開いたします。現在県内各地の写真取材と収集を行っています。写真そのもののご利用に関しては特に制限を設けていませんが、利用者の皆さんの倫理観に基づいてのご利用をお願いいたします。

67 hits

2020/7月/22日

ピアニストの方のためのノートパソコン

現在、仕事の合間にピアニストの方のためのノートパソコンをセットアップ中。これまでほとんどパソコンは使っていなかったとのことだが、今の時代音楽家にもPCは必須。

52 hits

2020/7月/16日

The human brain's signal processing is a hybrid structure of digital and analog.

It's equally important in everything.

85 hits

2020/7月/16日

行政関係者を横軸でつなぐ

本日はとある行政関係者のみなさんとまちづくりに関しての意見交換会。

82 hits

2020/7月/05日

ICTオペレータボランティア

現在、球磨川の氾濫が続いていますが、これらを確認できる国土交通省の九州地方整備局河川国道事務所のサイト相変わらず災害時になるとアクセスが集中してサーバが止まります。

147 hits