市民メディアの必要性

昨夜は某新聞社の記者のみなさんと会食。やはりいろんな情報ソースをお持ちでした。

日本のジャーナリズムというのは、ある時期(多分バブル以降)からエンタメコンテンツに圧迫され変容したと言えるかもしれません。

記事に書けること書けないこと、その判断は難しいでしょう。しかし、新聞に限らず、ジャーナリズム的視点というのはとても重要なのであって、それらのイデオロギーが衰退すれば情報における自浄作用も鈍麻化するのは必死。

ヨーロッパでは市民メディアという報道ジャンルが確立していて、マスコミに頼らない市民による寄付をベースとした報道機関が定着しつつありますが、事日本では、そういった動きも活性化していません。

いくつかの試みは不調に終わり、市民の視点での報道は衰退傾向にあります。これは、日本人の「自由」に関する考え方が大きく作用しているといえるでしょう。

「自由は勝ち取るものではなく、与えられるもの」

そういった概念が染み付いている。

「お上の言うことには逆らえない」

この感覚は根強いのだと思います。

しかし、そうではない。お上と思っている存在も同じ人間ですし、その仕組も人が作っている。

人が作った仕組みであれば変えることも可能。変えることを恐れない勇気が双方に必要なのでしょう。

ということで、新たな市民団体を作るお手伝いはじめました。

それ自体は市民メディアを作るための仕組みではありませんが、その団体を基本として、放送局と連動する形で、番組制作を行う予定。その中で、同様の機能をもたせることになると思います。

まだまだ、どうなるかわからない部分もありますが、ディティールが決まったらこちらでもご案内する予定です。

ということで、プレ告知。

ショートトラックラジオ「あさドン「熊本市の街づくり活動について」EP-96」こちらをどうぞ。


印刷  
2019/9月/21日

平成音楽大学ミュージカル「砂浜のエレジー」

9月20日は県立劇場にて平成音楽大学の熊本オペラ芸術協会主催のミュージカル「砂浜のエレジー」が開催されました。

1 hits

2019/9月/21日

J:COMさんの番組でインタビューを受けた。

こちらに書くのを忘れていたがJ:COMさんの「熊本人図鑑」という番組で30分弱のインタビューを受けました。なんつーか、私以外の方は熊本の名士の方々ですので一緒に放送されるのはちょっと申し訳ないです。 まぁ、たまには変わり者を扱ってみたかった程度かな。 という事で私の仕事のやり方や写真について話しています。

2 hits

2019/9月/18日

Today is Fujisaki Hachimangu Shrine's annual festival.

今日は祭日だったのを忘れていたが、藤崎八旛宮秋季例大祭の随兵(ずいびょう)」と「飾り馬(かざりうま)」の奉納行列の日でもある。

18 hits

2019/9月/07日

FM791ラジオリンカーン 車いす走行実証実験「市役所編 」

FMラジオで放送している「ラジオリンカーン」の為に、今回は2019年8月5日、手動の車いすで下通りから市役所に移動する際にどんな段差が存在するのか?実正実験を行ってみました。当日は真夏の晴天日。健常者でも体力を奪われそうになる炎天下での実験になりました。

48 hits

2019/9月/07日

海外向け無料写真配布サイト:Free photo Kumamoto for sightseeing and tourists.

やはり考えるに、海外向けの観光情報サイトにおいても写真の持つ力が相当に大きい。私自身も観光情報を流しているわけではないのにもかかわらず、写真を供給しているだけでいろんな問い合わせが来る。

58 hits

2019/8月/25日

世間話ができない

皆さんすみませんでした。私、世間話ができないんです。今日の立食パーティーにて、古賀先生が隅っこにいた私に気づき、パーティー参加者の席に誘導してくれたことで、参加者の方からいくつか質問いただき、答える形でいつの間にか大声で延々としゃべっていました。

77 hits

2019/8月/15日

アートにおける感性のあり方

その昔、写真屋だった頃写真クラブというのがあって、毎月例会を開催して20人くらいのメンバーが写真を持ち寄り、プチコンテストを開いていた。 当然私も参加して写真を提出してたが、一度として優秀作として選ばれた事がなかった。なぜならそのへんの石とか、何かの模様とか、ぶれまくった写真とか出していたし、自分ではいいなと思って出したのだが、そんな写真を評価されることは無かったわけだ。

77 hits