たまにはこんな存在の事実を考えてみる。

 子供の頃には、大人になるという感覚がよく分からなかったのだが、この年齢になってもやっぱりよくわからない。すでに孫もいて、誰からも大人というより半分はジジイとして扱われているはずだが、やはり、実感がない。

 大人になるのが嫌だとかそんな事ではない。

 しかし、未だやっていることが高校生の頃とあんまり変わっていない。この歳になって色んなことは分かった気がするし、その「分かる」は、ある意味「分からないことを認める」事だとも理解できた。

 だから、そんな中で、自分の存在をありのまま認める重要性も知っている。だけどそれが出来ない人が沢山居ることも知っている。

 自分を肯定することは難しい。

 心がそれを望まない場合もあるのだ。

 私達はきっと生きることと同様に死をも選ぶ自由を与えられている。そんな自由の中で自分の存在を消したいと思っている人の心を他人が否定することは出来ない。

 それは家族であってもそうだろうし、恋人であってもそうだ。

 そう考えると世の中なんてそう甘くない。

 高校生の頃読んだ本の中で、「私達は自ら修行の為にこの世に生まれてきた」と、書いてあって、その時には納得したものだが、何のために修行するのかと考えても答えはなかった。多分、その答えなんて誰にもわからないだろう。

 勇気を出して生きていくとか、よりよい人生とか、色んな美辞麗句はたくさんあるけど、心がそれを望まなければ意味はない。

 子供は純粋である。

 たしかにそうだ。だが、如何に子供であっても、生きる苦しみみたいなものは持っているし、その四苦八苦に耐えられなくなる人だっている。

 その苦しみに耐えたとしても、歪んだ自我によって更に苦しみが増す事もあるだろう。

 大人に成ったからといって解決できるものではない。

 そういった胸のなかに空いた穴とずっと向かい合うしかないのだ。

 


印刷  
2019/5月/18日

山に登る道は一つだけではない。それは無数に存在する。

現在、ラジオ番組の為にテーマソングを作っているが、普段の理論的な仕事とそういった感覚的な仕事では脳みその使い方が違う。 そのため、切り替えに時間がかかる場合が出てくる。多分若いときは難なくできていたはずだが、年齢を重ねるとそのへんのレスポンスが弱くなるのだろうし、更に老人に成れば、今のような仕事はできなくなる可能性も高い。

18 hits

2019/5月/07日

常識を疑え。

「自分が好きなものを紹介する」と、いうのが今日の授業だったが、予想通り「どんなふうに紹介すればいいですか?」という質問が来た。「どうやって紹介すればいいのか分からない。」なのである。

43 hits

2019/5月/07日

侘び寂びの概念はラディカルイデオロギー

日本人の美意識の一つとして「侘び寂び」というものがある。それは基本的に千利休が提唱し一般化していったものであろうが、それとともに一種の呪縛でもある。

34 hits

2019/4月/21日

平成最後の満月と中岳の小噴火

先日の夕方思いついて、一路阿蘇へ。 夕方から朝日までを撮影してきました。

79 hits

2019/4月/14日

AIは国民的アイドルになるのか?

人工知能のりんながAvexから歌手としてデビューすることになた。 https://career.joi.media/trends/2019/04/08/6816/ 地道にNANAなどのチャンネルでフィードバックしながら歌唱方法を学習。ボーカロイドとは全く異なる方法論で人工的な歌声を作った事になる。

118 hits

2019/4月/10日

レンズフィルターとフードの必要性

新しくデジカメを買う人に助言です。 「レンズには保護用フィルターとフードを必ず付けましょう。」

104 hits

2019/4月/08日

宇土市七曲池(甲岩自然公園)の桜

今年の桜も美しかったのですが、一箇所穴場とも言える撮影スポットを見つけました。   キロクマ! レンゲソウと桜のコントラストがきれいですね。上記ボタンから著作権フリーとしてダウンロードできます。 甲岩自然公園の説明は下記から https://www.city.uto.kumamoto.jp/utomonogatari/q/aview/9/570.html

88 hits