WE LOVE   Click to listen highlighted text! WE LOVE Powered By GSpeech

かぐや姫の挿絵を描かせてみる。

かぐや姫の挿絵を描かせてみる。

日本の童話をDeepLで英語に翻訳して、文節に切ってお絵かきのAI に入れてみたらどうなるかやってみた。

原版となる日本語の童話は「竹取物語」で下記サイトより引用させていただいた。

かぐや姫 童話 | 昔話童話童謡の王

Stable Diffusion

 kaguya001

 むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでおり、おじいさんは竹を切ってかごやざるを作って暮らしていました。
ある日のこと、 いつものように竹林に行くと、光っている竹が一本ありました。

 

 kaguya002

 「おや、あの竹はどうしたんだろう。ぴかぴか光っているぞ」
切ってみると何と女の赤ん坊が入っており、おじいさんは、その女の子を家につれて帰りました。
おじいさんとおばあさんには子供がなかったので「かぐや姫」と名づけて大切に育てました。

 

 kaguya003

 それからというもの竹を切りに行く度に、おじいさんは竹の中にお金を見つけお金持ちになりました。
赤ん坊はすくすくと育ち、とても美しい娘になりました。
そのうつくしさを耳にして至る所から結婚を申し込みにたくさんの若者がやって来ましたが、かぐや姫は興味を示しませんでした。いつも物思いにふけり空を見上げていました。

 

 kaguya004

 おじいさんは若者の求婚を無視することもできなかったので、不思議な宝物を持ってきた者にかぐや姫をやることにしました。
数人の若者が宝物をもってきましたが、かぐや姫はすぐに偽物と見破ってしまいました。

 

 kaguya005

 かぐや姫は月を見るたびに悲しそうな顔をしていました。
「どうしてそんなに悲しそうな顔をしているのですか。」
とおじいさんがかぐや姫にたずねると、
「本当は私は月からきたものです。もうすぐ月からおむかえがきて、月に帰らなければなりません。やさしいおじいさんとおばあさんとお別れするのが悲しいのです。」
「そんな馬鹿な。」とおじいさんは戸惑いました。

 

 kaguya006

 明日がその日です。おじいさんは沢山の武士をやとってかぐや姫を守ろうとしました。
おじいさんはかぐや姫を手離したくはありませんでした。
その夜、月が山の上に現れると、金色の光が光りました。
武士たちは一斉に光めがけて矢を放ちましたが、光があたると武士たちは力を失い、眠りに落ちてしまいました。

 

 kaguya007

 天使が明かりの中から現われ、家の上に降りてきました。かぐや姫の手をとると空高く上がっていきました。
「おじいさん、おばあさん、長い間かわいがってくれてありがとう。私はこれから月へ帰らなければなりません。どうかいつまでもお元気で。さようなら」かぐや姫は、おじいさんとおばあさんにお別れをいうと、天にのぼっていきました。

 

 一番最初のコマが一番ぶっ飛んでいるが、基本的に絵のスタイルや詳細に関しては指定せず、原文を英訳してそのまま流し込んでいる。このため、写真的画像だったりイラストっぽいものなどが混在している。これをMidjourneyで厳密に作ってやれば多分実際に使える絵が出てくるだろう。

Bing Image Creater

 kaguya001

 むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでおり、おじいさんは竹を切ってかごやざるを作って暮らしていました。
ある日のこと、 いつものように竹林に行くと、光っている竹が一本ありました。

 

 kaguya002

 「おや、あの竹はどうしたんだろう。ぴかぴか光っているぞ」
切ってみると何と女の赤ん坊が入っており、おじいさんは、その女の子を家につれて帰りました。
おじいさんとおばあさんには子供がなかったので「かぐや姫」と名づけて大切に育てました。

 

 kaguya003

 それからというもの竹を切りに行く度に、おじいさんは竹の中にお金を見つけお金持ちになりました。
赤ん坊はすくすくと育ち、とても美しい娘になりました。
そのうつくしさを耳にして至る所から結婚を申し込みにたくさんの若者がやって来ましたが、かぐや姫は興味を示しませんでした。いつも物思いにふけり空を見上げていました。

 

 kaguya004

 おじいさんは若者の求婚を無視することもできなかったので、不思議な宝物を持ってきた者にかぐや姫をやることにしました。
数人の若者が宝物をもってきましたが、かぐや姫はすぐに偽物と見破ってしまいました。

 

 kaguya005

 かぐや姫は月を見るたびに悲しそうな顔をしていました。
「どうしてそんなに悲しそうな顔をしているのですか。」
とおじいさんがかぐや姫にたずねると、
「本当は私は月からきたものです。もうすぐ月からおむかえがきて、月に帰らなければなりません。やさしいおじいさんとおばあさんとお別れするのが悲しいのです。」
「そんな馬鹿な。」とおじいさんは戸惑いました。

 

 kaguya006

 明日がその日です。おじいさんは沢山の武士をやとってかぐや姫を守ろうとしました。
おじいさんはかぐや姫を手離したくはありませんでした。
その夜、月が山の上に現れると、金色の光が光りました。
武士たちは一斉に光めがけて矢を放ちましたが、光があたると武士たちは力を失い、眠りに落ちてしまいました。

 

 kaguya007

 天使が明かりの中から現われ、家の上に降りてきました。かぐや姫の手をとると空高く上がっていきました。
「おじいさん、おばあさん、長い間かわいがってくれてありがとう。私はこれから月へ帰らなければなりません。どうかいつまでもお元気で。さようなら」かぐや姫は、おじいさんとおばあさんにお別れをいうと、天にのぼっていきました。

 

基本的にDALL-Eのシステムを流用しているようだが、禁則単語が多く、訳した英文をそのまま使えない場合が多かった。この点は制限かけすぎではないかと思われる。

 

  Click to listen highlighted text! かぐや姫の挿絵を描かせてみる。 日本の童話をDeepLで英語に翻訳して、文節に切ってお絵かきのAI に入れてみたらどうなるかやってみた。 原版となる日本語の童話は「竹取物語」で下記サイトより引用させていただいた。 かぐや姫 童話 | 昔話童話童謡の王 Stable Diffusion    むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでおり、おじいさんは竹を切ってかごやざるを作って暮らしていました。ある日のこと、 いつものように竹林に行くと、光っている竹が一本ありました。      「おや、あの竹はどうしたんだろう。ぴかぴか光っているぞ」切ってみると何と女の赤ん坊が入っており、おじいさんは、その女の子を家につれて帰りました。おじいさんとおばあさんには子供がなかったので「かぐや姫」と名づけて大切に育てました。      それからというもの竹を切りに行く度に、おじいさんは竹の中にお金を見つけお金持ちになりました。赤ん坊はすくすくと育ち、とても美しい娘になりました。そのうつくしさを耳にして至る所から結婚を申し込みにたくさんの若者がやって来ましたが、かぐや姫は興味を示しませんでした。いつも物思いにふけり空を見上げていました。      おじいさんは若者の求婚を無視することもできなかったので、不思議な宝物を持ってきた者にかぐや姫をやることにしました。数人の若者が宝物をもってきましたが、かぐや姫はすぐに偽物と見破ってしまいました。      かぐや姫は月を見るたびに悲しそうな顔をしていました。「どうしてそんなに悲しそうな顔をしているのですか。」とおじいさんがかぐや姫にたずねると、「本当は私は月からきたものです。もうすぐ月からおむかえがきて、月に帰らなければなりません。やさしいおじいさんとおばあさんとお別れするのが悲しいのです。」「そんな馬鹿な。」とおじいさんは戸惑いました。      明日がその日です。おじいさんは沢山の武士をやとってかぐや姫を守ろうとしました。おじいさんはかぐや姫を手離したくはありませんでした。その夜、月が山の上に現れると、金色の光が光りました。武士たちは一斉に光めがけて矢を放ちましたが、光があたると武士たちは力を失い、眠りに落ちてしまいました。      天使が明かりの中から現われ、家の上に降りてきました。かぐや姫の手をとると空高く上がっていきました。「おじいさん、おばあさん、長い間かわいがってくれてありがとう。私はこれから月へ帰らなければなりません。どうかいつまでもお元気で。さようなら」かぐや姫は、おじいさんとおばあさんにお別れをいうと、天にのぼっていきました。    一番最初のコマが一番ぶっ飛んでいるが、基本的に絵のスタイルや詳細に関しては指定せず、原文を英訳してそのまま流し込んでいる。このため、写真的画像だったりイラストっぽいものなどが混在している。これをMidjourneyで厳密に作ってやれば多分実際に使える絵が出てくるだろう。 Bing Image Creater    むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでおり、おじいさんは竹を切ってかごやざるを作って暮らしていました。ある日のこと、 いつものように竹林に行くと、光っている竹が一本ありました。      「おや、あの竹はどうしたんだろう。ぴかぴか光っているぞ」切ってみると何と女の赤ん坊が入っており、おじいさんは、その女の子を家につれて帰りました。おじいさんとおばあさんには子供がなかったので「かぐや姫」と名づけて大切に育てました。      それからというもの竹を切りに行く度に、おじいさんは竹の中にお金を見つけお金持ちになりました。赤ん坊はすくすくと育ち、とても美しい娘になりました。そのうつくしさを耳にして至る所から結婚を申し込みにたくさんの若者がやって来ましたが、かぐや姫は興味を示しませんでした。いつも物思いにふけり空を見上げていました。      おじいさんは若者の求婚を無視することもできなかったので、不思議な宝物を持ってきた者にかぐや姫をやることにしました。数人の若者が宝物をもってきましたが、かぐや姫はすぐに偽物と見破ってしまいました。      かぐや姫は月を見るたびに悲しそうな顔をしていました。「どうしてそんなに悲しそうな顔をしているのですか。」とおじいさんがかぐや姫にたずねると、「本当は私は月からきたものです。もうすぐ月からおむかえがきて、月に帰らなければなりません。やさしいおじいさんとおばあさんとお別れするのが悲しいのです。」「そんな馬鹿な。」とおじいさんは戸惑いました。      明日がその日です。おじいさんは沢山の武士をやとってかぐや姫を守ろうとしました。おじいさんはかぐや姫を手離したくはありませんでした。その夜、月が山の上に現れると、金色の光が光りました。武士たちは一斉に光めがけて矢を放ちましたが、光があたると武士たちは力を失い、眠りに落ちてしまいました。      天使が明かりの中から現われ、家の上に降りてきました。かぐや姫の手をとると空高く上がっていきました。「おじいさん、おばあさん、長い間かわいがってくれてありがとう。私はこれから月へ帰らなければなりません。どうかいつまでもお元気で。さようなら」かぐや姫は、おじいさんとおばあさんにお別れをいうと、天にのぼっていきました。   基本的にDALL-Eのシステムを流用しているようだが、禁則単語が多く、訳した英文をそのまま使えない場合が多かった。この点は制限かけすぎではないかと思われる。   2023年04月26日 参照数: 3206 Powered By GSpeech

 

 上のスピーカーマークをクリックすることで音声による読み上げが可能です。

Click to listen highlighted text! Powered By GSpeech