同じパスワードを使いまわす危険を回避する方法

同じパスワードを使いまわす危険を回避する方法

今日は、大学でセキュリティー意識に関しての授業です。そのなかで同じパスワードを使いまわしている人が多いことで、それを回避する方法を考えましたので、こちらにも掲示します。

まず、それぞれのパスワードを必ずメモするのは必須ですが、それがなくても覚えることができる方法です。

それは登録するサイトのドメインをパスワードの一部に入れるやり方。

例えばfacebookのパスワードであれば、ドメイン名は「facebook.com」ですのでその facebook という文字列を利用します。概ねサイトへのIDやパスワードは同じドメイン内であれば一組であることが多いため、これが要素として使える場合が多いですね。

そこで、たとえば facebook1111 といった形にします。この場合の「1111」という数字は使いまわします。覚えるべきはそのベースとなる「1111」という数字だけ。

「1111」と登録されるウェブサイトのドメインを組み合わせるわけです。

更に展開型として、例えばFa1111cebook、1111Facebook、Facebook-1111など自分の組み合わせを決めてそれぞれのサイトごとにパスワードとして使う方法です。

最近では大文字と小文字を入れてくださいとか、英数字以外の記号も入れてくださいなどと言われる場合も在りますので其の場合だと最後の組み合わせ Facebook-1111 といった形がいいかもしれません。

また、こういったパスワードの場合、手打ちで入力するのはできるだけ避けたいですね。スペルミスで間違う場合も出てきますので。よくやるのはメモ帳やGoogleドキュメント等に一旦書いてそれを入力欄にコピペするやり方です。

また、私の場合はパスワード管理の為に自分でデータベースを作って管理していますが、それが難しい場合は、エクセルにパスワードをかけて記録するという形もありでしょう。そこで、さっきメモした物から更にコピペで入れ直し、メモは削除します。

ウェブ以外での登録では使えませんが、単一のパスワードを使うより安全性は大きく向上するでしょう。


印刷  
2020/12月/31日

エレクトレットコンデンサーマイクとプラグインパワー

 その昔、テレビコマーシャルの音楽制作の仕事もやっていたわけでして、その意味ではサウンド関連も専門の一つですが、最近は動画関連の仕事や中継系の仕事も増えてきています。

110 hits

2020/12月/19日

連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

ありがたいことに今週も連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

136 hits

2020/12月/15日

Find/47にてPhoto of the Week賞をいただきました。

今回の受賞で嬉しいことがあったそれは審査員の久志尚さんからの言葉。 審査員の論評から

138 hits

2020/12月/06日

インターネットライブ・コンサートYouTube有料配信イベント終了

YouTubeにおけるコンサートのライブ配信を行った。リアルタイム配信では色々と気を使う。正直結構怖い。そのために機材を2重に準備する。

217 hits

2020/11月/29日

重要なのは、才能より動き始めた者だけにチャンスが来る事実

 自分には「才能ない」などと、いつまでも言ってるとそれは謙虚を通り越して傲慢に成ると思う。

256 hits

2020/11月/28日

インターネット中継イベントの実施

昨日、全国女性会館のインターネット全国会議のイベントが無事終了しました。今回はなかなか高度な内容になりました。Youtubeにより同時中継や動画データ制作と配信、Zoomによる分科会会議など準備に多くの時間を費やし、配信用のノートPCも専用設定で3台ほど準備、会場に配置しました。

233 hits

2020/11月/20日

宇宙で鳴っている音

いとうせいこうと細野晴臣との対談の映像には色んな示唆が含まれている。

209 hits

2020/11月/20日

リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。

現在Chrome及びそのエンジンを使っているMicrosoft Edge 及び Brave ブラウザでウェブサイトを見た場合FacebookのBoxが埋め込まれていると、「リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。できるだけ早く解決できるよう、作業中です」といったメッセージとともに表示できない症状が発生中。

249 hits

2020/11月/15日

存在の気配はそれほど違いもなくて

私達はそれぞれの思いを抱きつつ、この場所に居てもいいのか問い続ける。その問いは空虚な生活の中で反響し共振しながら増幅するかも知れない。だからこそ誰かとその思いを共有したいと切望するのだ。

173 hits

2020/11月/05日

紅葉の季節撮影時のホワイトバランスについて

この時期、山々の紅葉が美しい季節となりましたが、カメラで撮影するとなんだか色が変だと思われたことはありませんか?

345 hits