WE LOVE   Click to listen highlighted text! WE LOVE Powered By GSpeech

私たちの存在の意義と価値

私たちの存在の意義と価値

これは、これまで何度か書いてきたことをまとめたものです。心に危機感を抱く人々は、自己評価が低くネガティブになることがあります。自分の存在に価値がないと感じることもあるでしょう。しかし、違った視点から考えることで、新たな洞察が得られることがあります。たとえば、生命とはどのように捉えるべきでしょうか?

私たちの宇宙では、事象はエントロピー(無秩序度)が増加する方向に進展します。エントロピー増大とは、大雑把に言えば「事象は放置されると乱雑で秩序のない複雑な状態に向かい、自発的に元の秩序に戻らない」ということです。一方、生命は恒常性をもたらし、成長を促進し、エントロピーに逆らう力を持っています。物理学者エルヴィン・シュレーディンガーは、1944年に刊行された著作「生命とは何か?」で、生物は「負のエントロピー」を摂取するものだと主張しました。

言い換えれば、私たちは混沌とした世界において秩序をもたらす存在なのです。この秩序をもたらす私たちを創造したのが神だという信念も存在します。宇宙において非常に希少な存在である生命として、私たちは単純にその存在だけで高い価値を持っていると言えるでしょう。もちろん、この価値は生命そのものにとってのものであり、同時に私たちは個性を持っています。

この個性、つまりそれぞれ異なる特質や特性を持つことから、私たちの存在の価値は一層高まっています。なぜなら、この多様性は私たちが生き残る戦略の一部であり、進化の鍵でもあるからです。したがって、個体差が存在するのは自然なことです。

もし個体差がなくなった場合、何が起こるでしょうか?それは個人ではなく、一つの集合体として捉えるべきでしょう。つまり、個人としての存在は消滅します(これはエヴァンゲリオンの人類補完計画のようですね)。

そのため、他者との違いに悩むことはあまり意味がありません。すべての違いには意味があります。異なる感性や異なる理論、それぞれに価値があると言えるでしょう。これを認識しない社会は衰退してしまいます。したがって、他者と異なる存在であること自体が、私たちが生命に貢献していることを意味しています。要するに、ありのままの存在には価値があるということです(良し悪しは別にして)。

  Click to listen highlighted text! 私たちの存在の意義と価値 評価 (0) これは、これまで何度か書いてきたことをまとめたものです。心に危機感を抱く人々は、自己評価が低くネガティブになることがあります。自分の存在に価値がないと感じることもあるでしょう。しかし、違った視点から考えることで、新たな洞察が得られることがあります。たとえば、生命とはどのように捉えるべきでしょうか? 私たちの宇宙では、事象はエントロピー(無秩序度)が増加する方向に進展します。エントロピー増大とは、大雑把に言えば「事象は放置されると乱雑で秩序のない複雑な状態に向かい、自発的に元の秩序に戻らない」ということです。一方、生命は恒常性をもたらし、成長を促進し、エントロピーに逆らう力を持っています。物理学者エルヴィン・シュレーディンガーは、1944年に刊行された著作「生命とは何か?」で、生物は「負のエントロピー」を摂取するものだと主張しました。 言い換えれば、私たちは混沌とした世界において秩序をもたらす存在なのです。この秩序をもたらす私たちを創造したのが神だという信念も存在します。宇宙において非常に希少な存在である生命として、私たちは単純にその存在だけで高い価値を持っていると言えるでしょう。もちろん、この価値は生命そのものにとってのものであり、同時に私たちは個性を持っています。 この個性、つまりそれぞれ異なる特質や特性を持つことから、私たちの存在の価値は一層高まっています。なぜなら、この多様性は私たちが生き残る戦略の一部であり、進化の鍵でもあるからです。したがって、個体差が存在するのは自然なことです。 もし個体差がなくなった場合、何が起こるでしょうか?それは個人ではなく、一つの集合体として捉えるべきでしょう。つまり、個人としての存在は消滅します(これはエヴァンゲリオンの人類補完計画のようですね)。 そのため、他者との違いに悩むことはあまり意味がありません。すべての違いには意味があります。異なる感性や異なる理論、それぞれに価値があると言えるでしょう。これを認識しない社会は衰退してしまいます。したがって、他者と異なる存在であること自体が、私たちが生命に貢献していることを意味しています。要するに、ありのままの存在には価値があるということです(良し悪しは別にして)。 2023年09月24日 参照数: 1510 前へ 次へ Powered By GSpeech

 

 上のスピーカーマークをクリックすることで音声による読み上げが可能です。

Click to listen highlighted text! Powered By GSpeech