SCB的繋がりを分析する変数

私はSCBLabという繋がりを科学する団体の理事を務めているのだが、このSCB的な繋がりを元にした発火現象において情報と情報によるアクションの流れを数値化できないかなぁと思っている。

例えば、ある団体があって、個人が発案した何らかのアクションが全体に波及して実際のエネルギーに変わるのにどの様な情報と力のベクトルが存在するのか?

これらの変数をどの様に組み合わせると発火しやすいのか?「つながり」だけでは発火しない事が多い、しかし、そこにどんな変数が組み合わさった場合起動力が生まれるのか?

マッチに例えれば、素材、湿度、外的圧力など、様々な要因から発火するわけで、それと同じ様に体系化出来たら面白いはず。

連携力、環境、資金、共感力、時期、人数、個と全体の力関係、思想性、ITリテラシー、組織化・・・パラメーター多すぎだな。しかしこれらがある程度分析出来ると、その組織に必要なものそして欠けているもが可視化できる。


印刷