コロナ禍における制作業務と大事なこと。

コロナ禍における制作業務と大事なこと。

現在とあるイベントのためにモーションビデオをを製作中だが、今日はアニメーションを担当して頂く音大の学生さんと打ち合わせしながら制作を行った。

コロナ禍において制作業務もリモートを多用しながらの実施となるが、最低限膝を交えて話しながら進めないと伝わらないことも多い。

勿論ビデオ会議を繋ぎっぱなしにして作業すればほぼ隣にいる感じで制作も可能だが、それでもニュアンスなどは伝わりにくい。できるだけ効率化を考えて、会って話す時間も最低限にしているのだが、やはり全く会わないで制作するのは効率が悪すぎる。

それでも制作はなんとかなるが、イベント自体の運営の方に成ると更に煩雑な事情が絡んでくる為、調整は何倍も難しいはずだ。

特にこの時期、どの様な対策を必要とするかの指針自体がそれぞれ違う事も作用して、意見が食い違ってくるだろうし、何を重要視するのかを強制することは出来ない。

私は熊本地震の直後、ぐちゃぐちゃの部屋の中からノートパソコンを引っ張り出し、余震が襲ってくる中、クライアントのウェブサイトの地震対策ページを作っていて思った。

「これは失敗した。今はこんな事している場合ではない」

その後すぐに元妻に電話して

「迎えに行くから一緒に避難するぞ」と、言った。

翌日の早朝迎えに行き元妻の所にいる子どもたちや、元妻のおかあさん。そしてすでに結婚して子供居る長女の家族で水俣方面に避難した。それは今でも正しかったと思っている。あのとき理解した事。

自分にとって大事なことな何であるか?

それは今でも変わっていないし、それを忘れてしまえば単なるバカだ。


印刷  
2021/2月/28日

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」IN 熊本無事終了

文化庁 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」IN 熊本に舞台映像として参加させていただいた。今回は対象となるのが招待された子どもたちが多いこともあり、映像の一部をイラストアニメーションで構成することを決め、平成音楽大学の生徒でもある迎千織さんにお願いした。

148 hits

2021/2月/27日

PhotoshopCCが立ち上がらない。サブスクリプションのステータスを確認できません。

少し前からPhotoshopCCの立ち上げ時に「サブスクリプションのステータスを確認できません。」というメッセージが出て起動できなくなった。

26 hits

2021/2月/15日

才能は結果論

先程LINEで大学時代の友人から定年退職の挨拶が来た。定年あるって素敵。私のようなフリーランスは定年即死・・とはまぁ言い過ぎだがそれに近い。

59 hits

2021/2月/12日

コロナ禍における制作業務と大事なこと。

現在とあるイベントのためにモーションビデオをを製作中だが、今日はアニメーションを担当して頂く音大の学生さんと打ち合わせしながら制作を行った。

91 hits

2021/2月/09日

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ レビュー

普段、首から下げて持ち歩くカメラとして大きめのバックと共に移動する際はFUJIFILM X-E1を、小さめのバックと共に移動する際にはパナソニック DMC-GX7MK2を使っている。GX7にはLUMIX G VARIO 12-32mmレンズと予備にLUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.をセットにしてるがX-E1につける手軽に使える広角レンズが少ない。

137 hits

2021/2月/07日

RAWデータ自体を編集保存できるの?

友人のカメラマンからの相談。「RAWデータ自体を編集保存できるの?」とのこと。

86 hits

2021/1月/27日

クッキーインフォメーション

最近見かけるクッキーの利用承諾バー。Joomlaでも搭載するモジュールがあったので設置してみた。 https://joomla.jp.net/tips/extension/easycookieinfo.html

116 hits

2020/12月/31日

エレクトレットコンデンサーマイクとプラグインパワー

 その昔、テレビコマーシャルの音楽制作の仕事もやっていたわけでして、その意味ではサウンド関連も専門の一つですが、最近は動画関連の仕事や中継系の仕事も増えてきています。

229 hits

2020/12月/19日

連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

ありがたいことに今週も連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

221 hits

2020/12月/15日

Find/47にてPhoto of the Week賞をいただきました。

今回の受賞で嬉しいことがあったそれは審査員の久志尚さんからの言葉。 審査員の論評から

219 hits