マイクロ・フォーサーズでの動画撮影について

マイクロ・フォーサーズでの動画撮影について

普段、常用しているのはマイクロ・フォーサーズのカメラが多い。その中でもPanasonicのGX7MK2は使用頻度も高く、信頼のおけるカメラだ。それ以外にもオリンパスのOM-D E-M1だったりE-M5やPanasonicではGX-1から色々使っている。

そのなかで動画撮影のメインはPanasonicのGH-3であるが(私はカメラは中古しか買わないので最新機種は持っていない)OLYMPUSとPanasonicでは動画撮影に関して思想性のちがいというか、感覚の違いが大きいと感じている。

基本、OLYMPUSの場合動画撮影は完全マニュアルでないと厳しい。

動画撮影においてローリング現象が出やすいのと、露出の変更が段階的であって、撮影中にいきなり露出が変わるためにフルオートは使えない。マニュアルでの撮影であれば問題ないがAF合焦のときにPanasonicに比べると急激に前後する症状がでやすいので、これもまた、完全マニュアルで利用するしかない。この辺は考え方の違いだろうが、Panasonicであればあるていど、オートでも破綻しないことを前提に考えると多少使いにくい。

Panasonicのカメラの場合、動画に於いてもPanasonicのスタンスが効いていて美しい動画が撮影できる。下記の動画は、基本フルオートだがそれほど大きな破綻はない。AFの精度、露出のバランス、適度な手ブレ制御など、あの小さなボディーでもこれだけの絵が出てくるところはなかなかのものだ。(撮影機器:PanasonicのGX7MK2にLEICAの15mm F1.7)

 

AFにしても、動画撮影の時には、その動きがは静止画に比べて逆にゆっくりになる感じがする。それが自然な感じのピント移動になる。このへんの塩梅が業務用カメラを作っていた感覚から来ているというのは予想できる。

OLYMPUSの場合、ローリングシャッター現象を減らすためには手ブレ補正をOFFにすべきだが、OLYMPUSの最大の恩恵でもある手ブレ補正を切らなければ撮影できないというのはなかなか考えものだ。当然手ブレ補正は静止画用であって、動画用でないのはわかるが、やっぱり惜しいと思うのだ。


印刷  
2020/12月/31日

エレクトレットコンデンサーマイクとプラグインパワー

 その昔、テレビコマーシャルの音楽制作の仕事もやっていたわけでして、その意味ではサウンド関連も専門の一つですが、最近は動画関連の仕事や中継系の仕事も増えてきています。

110 hits

2020/12月/19日

連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

ありがたいことに今週も連続してFIND/47のPhoto of the week を受賞しました。

136 hits

2020/12月/15日

Find/47にてPhoto of the Week賞をいただきました。

今回の受賞で嬉しいことがあったそれは審査員の久志尚さんからの言葉。 審査員の論評から

138 hits

2020/12月/06日

インターネットライブ・コンサートYouTube有料配信イベント終了

YouTubeにおけるコンサートのライブ配信を行った。リアルタイム配信では色々と気を使う。正直結構怖い。そのために機材を2重に準備する。

217 hits

2020/11月/29日

重要なのは、才能より動き始めた者だけにチャンスが来る事実

 自分には「才能ない」などと、いつまでも言ってるとそれは謙虚を通り越して傲慢に成ると思う。

256 hits

2020/11月/28日

インターネット中継イベントの実施

昨日、全国女性会館のインターネット全国会議のイベントが無事終了しました。今回はなかなか高度な内容になりました。Youtubeにより同時中継や動画データ制作と配信、Zoomによる分科会会議など準備に多くの時間を費やし、配信用のノートPCも専用設定で3台ほど準備、会場に配置しました。

233 hits

2020/11月/20日

宇宙で鳴っている音

いとうせいこうと細野晴臣との対談の映像には色んな示唆が含まれている。

209 hits

2020/11月/20日

リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。

現在Chrome及びそのエンジンを使っているMicrosoft Edge 及び Brave ブラウザでウェブサイトを見た場合FacebookのBoxが埋め込まれていると、「リクエストを処理できませんでしたリクエストに問題が発生しました。できるだけ早く解決できるよう、作業中です」といったメッセージとともに表示できない症状が発生中。

250 hits

2020/11月/15日

存在の気配はそれほど違いもなくて

私達はそれぞれの思いを抱きつつ、この場所に居てもいいのか問い続ける。その問いは空虚な生活の中で反響し共振しながら増幅するかも知れない。だからこそ誰かとその思いを共有したいと切望するのだ。

173 hits

2020/11月/05日

紅葉の季節撮影時のホワイトバランスについて

この時期、山々の紅葉が美しい季節となりましたが、カメラで撮影するとなんだか色が変だと思われたことはありませんか?

345 hits