明日は電子ビジネス専門学校での特別講義

明日は、今年の授業開始日でもあるが、Webグラフィックス及びCMSの通常授業に追加する形で、室内での人物撮影の授業を行う予定だ。

室内における人物撮影において重要なのは光線の状況の把握と背景の整理であろう。それが出来て、人物のポーズや表情に集中して撮影することが可能となる。

 

また、レンズの選択もこの場合重要な要素となるが、室内では引きが取れないことも多く、また、照度的にも十分ではない場合が多いので明るめのレンズを使う必要が出てくる。こういった条件では、安価なシステムでは対応が難しく、機材的にも高価な物が必要とされる場合が出てきて、撮影者の力量と、機材の質が問われる事になるだろう。

(リスト写真は産山村の池山水源だが、アート系の取材のため本日行ってきた)


印刷  
2019/10月/14日

その昔自分でも焼き物を焼いていた時期があった。

テクノロジーとは対極にあるかもしれない陶芸という趣味。一時期、テクノロジー系の趣味から少し距離を於いていた時期、没頭していたのが陶芸だ。

30 hits

2019/10月/10日

1985年頃聞いていたカセットテープが出てきた。

ちょっと懐かしいのでそのテープに入っている曲がYoutubeでどれだけ聴けるか調べてみよう。

31 hits

2019/10月/06日

We were born by mother-like disorder and father-like order.

Street Art-plex Kumamoto EXTRAVAGANZA 2019 を手伝ってきた。元々この企画の立ち上げをやったのであって、すでに17年?18年?続くイベントととして、定着している。今回はSNSの配信を手伝ったが、写真も少し撮影した。 その中で感じたことを追記しておこう。   「私たちは母なる無秩序と父なる秩序によって生まれた。」 What is important here is that the…

33 hits

2019/10月/01日

「生きにくさ」について

どうも最近「生きにくさ」みたいな相談をよく受ける。そこまで行かなくても「普通に暮らす」ことや「普通に仕事する」といった基本的な営みからこぼれてしまう人が増えているような気がしてならない。

36 hits

2019/9月/28日

Karatsu tea bowl "IWAO"

今回のAIAのアーティストの中には陶芸家もいる。陶芸というジャンルにおいて日本の美的基準は他国とは随分違う気がする。 多くの西洋の陶芸家は、彫刻のカテゴリーにあって、土から作る作品としては日本の陶芸より定義が広い。それに対して、日本の陶芸は器を基本として展開されていると考えたほうがいいだろう。

45 hits

2019/9月/25日

Artist in ASO 2019 Welcome Party

Artist in ASO 2019の招致アーティストたちが阿蘇にやってきた。このイベントは熊本県が主催するアーティストレジデンス、世界中から選ばれたアーティストたちが阿蘇の各地域に45日間滞在し、アートを通じて阿蘇を海外にも広めてもらうという企画だ。

102 hits

2019/9月/25日

WindowsのiTunesを12.10にしたら認証が外れた。iTunesトラブル

iPhoneのiOSが13にアップデートされたことで、WindowsのiTuneも12.10.0.7にバージョンアップする必要がでたので、アップデートを試みたがここでトラブル。 WindowsのiTuneが認証されなくなった。この認証というものは、「そのパソコンが確かにAppleのIDと連携している正規の所有パソコン(デバイス)だよ」という意味で、認証されないとAppleストアーで買った音楽などがダウンロードできなくなる。

519 hits

2019/9月/22日

Panasonic GX8

前回の雲海撮影あたりから中古で購入したPanasonicのGX8を使いだした。普段持ち運びしているGX7MK2より前に発売された機種であって、大抵のデジタル機器は後発の機種の方が機能は上だが、マイク端子が付いていて、簡易的な動画撮影にも使えるだろうとの判断。

171 hits

2019/9月/21日

平成音楽大学ミュージカル「砂浜のエレジー」

9月20日は県立劇場にて平成音楽大学の熊本オペラ芸術協会主催のミュージカル「砂浜のエレジー」が開催されました。

98 hits

2019/9月/21日

J:COMさんの番組でインタビューを受けた。

こちらに書くのを忘れていたがJ:COMさんの「熊本人図鑑」という番組で30分弱のインタビューを受けました。なんつーか、私以外の方は熊本の名士の方々ですので一緒に放送されるのはちょっと申し訳ないです。 まぁ、たまには変わり者を扱ってみたかった程度かな。 という事で私の仕事のやり方や写真について話しています。

127 hits