HTML5による動画ストリーミングの設定に結構ハマってしまった。基本httpプロトコルで動画配信をする場合 video タグが使えるわけだが、Chromeのデフォルトのプレーヤーでは、ムービーダウンロードボタンがついていて元ファイルをダウンロード出来てしまう。

コントローラー全体を消すことは可能だが、ダウンロードボタンのみを消すというのはそういった記述が見当たらない。余計なことするなよChrome。

さて、本番の日がやってきた。「ジルヴェスターコンサート2016-2017」の映像効果を担当する。

基本的に、主役はコンサートであって、映像ではない。このため、演奏の邪魔にならない程度でしかも、演奏に一定のイメージを与え膨らませていく演出が必要だ。そこで、オープニングや転換、また、エンディングの動画以外は、何らかの画像を絵画的に加工して表示させることを思いついた。演出の大島先生も賛成していただいたので、それらの画像を手持ちの阿蘇の写真などを中心に構成。

不足しているものは素材写真などを流用して、構築していった。

翌日から、本番のコンサートに向けての打ち合わせと制作が続けられることとなる。

今回は仕事の依頼があったのが2週間ほどまえであって、演出上、それまでのスタッフだけでは難しい局面が出てきたため、急遽召喚されたこともあり、上京する前に打ち合わせ出来たのは2回だけ。

その関係で、決定稿が出ているのは半分程度であり、現場にて画像が変更されることもしばしあった。

それらにフレキシブルに対応しつつ、ホテルに制作環境を作るために、PowerBook以外に外付けモニターを準備していただき、ホテルから事務所にリモート接続して作業を行った。

平成音楽大学の大島先生からの依頼で、年末行われる「横浜ジルベスターコンサート2016」への映像効果の仕事に召喚された。

12月27日から翌年1月2日までの期間、横浜に行くことになった。

現在コンサルタントをされている嶋田様の販売用DVDの編集を徹夜続きで進めている。

普段使っている Power Directorの挙動が不安定でレンダリングなどが止まってしまう症状などが現れたからだ。また、Video Studio も起動しない・・・なにかWindows自体に問題がありそうだが、それを確定している暇はない。