HDDの不良ブロックについて

HDDの不良ブロックについて

参照数: 556

バックアップソフト動作中に不良ブロックの表示。HDDのに不具合がある可能性が出てきた。

となると、このまま使い続けるのは危険だ。パソコンの場合、システムがちゃんと動いていてもデータの一部やソフトの一部に障害が存在する場合がある。

その場合、その対象となるソフトが動かなかったりデータが読み込めないなどの症状が出るわけだが、普段あまり使わないソフトやデータだと見落とす事も多い。

不良ブロックというのは基本的に多くのHDDでも存在していると考えられるが、出荷時にはそれらは隠蔽され、使用させない形になるので最初から不良ブロックがあるHDDは不良品といえるだろう。

Windowsでは、それらをチェックするのにchkdsk(チェックディスク)という機能が備わっているが、意識して実行しないと障害も見つけられない。

https://pc-kaizen.com/chk-dsk

また、チェックディスクをかけて治ったから安心というわけではなく、それら障害が起きるということはHDDが壊れる前兆である可能性も否めない。

このため、システムが動いているうちにバックアップして、新規のHDDなどへの移築を考えたほうがより安心だろう。

印刷