なななななんと、競合他社のアクセス状況が分かるWEBサービスがあった!

その名も、SimilarWeb!!

しかも「無料」。(有料のPro版もあり)

 

最近のGoogleの評価基準から非リンクはあまり重要視されなくなって来たという内容の記事を読んだことがあるが、それでもある程度は影響あるものとして実際現状でどこから非リンクされているか調べてみた。このデルタワークスのサイトの場合長期間閉じていたこともあってそれほど多くはない。

前回は、”参照元”を使って、不要なアクセスに対してフィルタを設定したが、今回はさらに、一気にフィルタかけを行う。

それは・・・

 

言語が”not set"という情報となっているアクセスを弾く。

 

これは随分思い切る。

 

外国からの不要なアタックを排除せよ!

 

Googleアナリティクスでアクセス解析を行う時に、まず最初にやっておきたい、フィルタ設定。

今回は、スパムフィルタについてちょいと説明。